踵のひび割れやパックリ割れの治し方|自宅治療なら市販薬はコレ!

      2017/03/09

e50878bb32dfcf456ed56f44b756ed1a_s

かかとの乾燥がひどくなり、私のように、ひどいパックリ割れに悩まされていませんか。

踵がぱっくり割れて出血…(泣)。とても痛いです。

でも、すぐ皮膚科に行く人はどれ位いるのでしょうか。

まずは、自宅にあるキズ薬や絆創膏を使用して応急処置する人が多いかもしれませんね。

でも、ひどいパックリ割れの場合はちょっと待って!

かかと専用の市販薬の方が、治りが断然に早かったですよ~。

 

おすすめ「かかと専用」市販薬

毎日、歩かなければいけないので、弱ったかかとへの負担は大きいものです。

いつか治るとほっとくと、いつまでも治らなかったり繰り返したりしてしまうので、

まずは、「修復」をしてしまいましょう。そして、皮膚を修復するには「代謝」を促進しなければいけません。

 

池田模範堂 ヒビケアFT軟膏

hibi-care

ムヒで有名な会社です。

→詳しい内容は、こちらから。

 

小林製薬 ヒビプロKTα

→詳しい内容は、こちらから。

 

※どちらも、主にアラントイン成分で皮膚の修復を助け、ビタミンAで代謝を促進してくれるようです。

 

スポンサーリンク

 

 

市販薬での治し方

071500

①傷口を清潔にしてから患部に薬を塗る

②靴下やガーゼなどで外部からの刺激を防ぐ

私は、休みの日はできるだけ歩かず、さっさと治しました。歩くという外的刺激を与えない方が、ピキッと割れないですので。お酒も控えましたが、コレは気持ちの問題ですね(笑)

割れの程度にもよりますが、2日目には、痛みが気にならない程度に落ち着きました。

 

 

市販薬を使用している時の注意点

071500

かかとケアは、かかとの治療とは違います。症状が治るまでは併用はできません。

まずは、しっかりと治療することを優先させてください。

≪関連記事≫ 硬い踵の角質を除去するグッズと正しいケア方法で「かかと美人」へ

 

スポンサーリンク

 

 

こんな時は、すぐ皮膚科へ

084962

薬でアレルギーを起こしたことがある方は、自己判断せず、皮膚科で受診しましょう。

歩行が困難な場合や、すでに化膿している場合などは、すぐ皮膚科を受診しましょう。

また、市販薬で治らない場合や、改善が見込めず繰り返し症状があらわれる場合も、早めの受診を心掛けましょう。

 

スポンサーリンク

 

 - かかと, 美容・健康