2017.冬ドラマ「突然ですが、明日結婚します」主演に俳優がいない月9

      2017/11/14

月9ドラマの出演者に驚いた方も少なからずいるかと…。

「突然ですが、明日結婚します」で、2017年の”月9ドラマ”が幕開けします。

主演に俳優がいないように思えるのは私だけでしょうか。

≪関連記事≫ 2017年1月~3月.冬ドラマ

 

ドラマ内容あらすじ

放送日 2017年1月23日~(初回15分拡大)
「突然ですが、明日(あした)結婚します」

主人公・高梨あすかは、銀行に勤める仕事熱心な仕事がデキる20代OLだが、人一倍の結婚願望を持ち、夢は結婚したら「専業主婦になること」。
5年付き合った彼氏からのプロポーズを待っていたが、突然フラれてしまう…落ち込む暇もなく婚活を始めるが、ことごとく惨敗。

そんな中、イケメンで優秀な人気アナウンサー・名波竜と出会うが、名波は「嫌婚男子」だった。結婚に関する価値観以外は全て理想の相手の名波。

お互いを知っていくうちに、ひかれ合った二人は、付き合うことになるのが、ここから前途多難“価値観バトル”の始まり…。

果たして結婚に対する価値観が全く違う二人の恋の行方は?
あすかが「突然ですが、明日結婚します」と宣言する日はやってくるのか?

プチコミックで連載中の宮園いづみ原作の少女漫画「突然ですが、明日結婚します」を実写化。

2016.冬ドラマ「逃げるが恥だが役に立つ」が高視聴率で終了した後の次のクールになるので、また『結婚観』についてのドラマにスポットが当たるのか?と疑問に思うところです。

個人的には、ドラマにもある一定の需要や流行があり、それが視聴率にも反映する。と考えている私。

たとえば「恋愛」ドラマであったり、「医療」ドラマであったり、「学園」ドラマであったり、「不倫」ドラマであったりと。

では、現在「結婚観」ドラマが流行りなのか?と言われれば、違う気がするのですが…。

「逃げ恥」に至っては、原作と脚本のバランス、キャスティング、そして「恋ダンス」という話題性が相乗効果を上げ、良い結果が生まれたと思っています。

もしかして、2017年には「結婚観」ドラマをブームをゴリ押ししたい!ということなのだろうか?

と逆に考えてしまうところです。いや、やはり「結婚観」ブームくるかもしれないな…。

 

スポンサーリンク

 

 

主演キャスト

西内 まりや(高梨 あすか 役)

出典:http://xn--eckwa2m.xyz/

 

【flumpool】山村 隆太(名波 竜 役)

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/ex_jsb7/12487786.html

山村 隆太(31)さんは、ミュージシャンとして活躍していますし、西内まりや(22)さんも、まだ女優よりモデルや歌手としてのイメージが強い方です。

モデルだろうが、歌手だろうが、芸人だろうが、俳優業をやって悪いということはないですし、そこから面白いドラマが見れるなら視聴者としては嬉しい限りですが、漫画という原作があるものを実写化をするなら、2次元から3次元に舞台が移るということの意味合いも考えて、俳優のキャスティングが必要だったかもしれません。

とか、心なしか思ってしまいます。

今回の「突然ですが、明日結婚します」は、キャスティングに難航したという記事もあることから、時間がなかったのかなとも思えます。

半年前から主演は竹野内豊で決まっていたものの、竹野内側の申し入れにより、立ち消えに。
大慌てでオファーしたのが、スケジュールが空いていそうな西内まりやだった。

月9ラブストーリーを担う男女二人のキャスティングは攻めの姿勢で臨みたいと思っていたところ、山村さんがお芝居に興味ありという噂を耳にした。

日刊サイゾーより抜粋

 

スポンサーリンク

 

 

ドラマ見どころ

今回、初主演を務める「 flumpool(フランプール)」のボーカル 山村 隆太(やまむら りゅうた)さんは俳優初挑戦となります。

一体、どんな演技をするのか?どんな演技力をみせてくれるのか?とても気になりますね。

寡黙でクールななイケメンを演じるならまだしも、話すことが仕事のアナウンサーイケメンを演じるわけですから、初めての役としては大変な役どころになるかもしれません。

キュン語が満載の原作漫画のセリフをどれだけ自然に演じられるか、その辺りから楽しむのもアリですね。

視聴者の予想をどれだけ裏切って面白いドラマをみせてくれるのか、楽しみにしたいと思います。

人気女優や人気俳優を主演にキャスティングしていない月9の新たなの挑戦に注目しつつ、上手く「イケメンキャスター」演じ、キュン語の連発ができれば、山村隆太さんが大ブレイクする可能性もありますね。

ずばり!見どころは、山村隆太さんのイケメン演技かもしれません。

≪関連記事≫ 2017年1月~3月.冬ドラマ

 

スポンサーリンク

 

 - エンタメ, 実写化