2017.冬ドラマ「A LIFE 愛しき人」注目される理由は木村拓哉だけじゃない!

      2017/11/14

a-life

ついに正式に発表された2017年1月より放送されるTBS系日曜劇場枠。

いつものことですが、日曜劇場は、仮タイトルが変更されての発表になりましたね。

主演は木村拓哉。解散後、初の医療ドラマで医師役に挑むことになります。

≪関連記事≫ 2017.冬ドラマ「Get Ready!!」木村拓哉、医師役医療ドラマで初主演内定か?

≪関連記事≫ 2017年1月~3月.冬ドラマ

 

 

「A LIFE~愛しき人~」放送日・ストーリー

 TBS日曜劇場 毎週日曜 21時~(初回拡大)

愛、欲望、友情、嫉妬、プライドが渦巻く病院で患者の命を救うべく実直に技術を極める“職人外科医”沖田一光を主人公とした
「愛しき人の命」「かけがえのない人生」を巡って繰り広げられるヒューマンラブストーリー。

医師として駆け出しの頃、親友の壮大(浅野忠信)の思惑によって病院を追われ、恋人である壇上深冬(竹内結子)を置いて単身アメリカに渡った外科医・沖田一光(木村拓哉)。

術を磨くためにひたすらオペ経験を重ね、卓越した腕を持つ"職人外科医"になった沖田は、恩師でありかつての恋人の父である壇上記念病院院長の手術を任されることになり、病から救うために10年ぶりに日本に戻る。

かつて恋人・壇上深冬と結婚した因縁の親友・壮大や、一癖も二癖もある医師や看護師たちの中で、沖田は知らず知らずのうちに、病院内でうごめく様々な人たちの思惑や対立に巻き込まれていく。

 

スポンサーリンク

 

 

主演・ヒロイン

a-life-005

沖田 一光 役(主演:木村 拓哉)

”天才外科医”ではなく、”職人外科医”として白衣を着る事になりそうだが、白衣の下は、ジーンズやネルシャツではあるまいな(笑)?

どんなスタイルで白衣を着用していくかで、ドラマのイメージが変わりそうです。

壇上 深冬 役(ヒロイン:竹内 結子)

ヒロイン役に抜擢された竹内結子と木村拓哉のコンビは、かつてのドラマ「プライド」を思い出してしまうかも。

高視聴率ドラマだっただけに、脚本家や演出家の腕の見せどころ。

 

出演者キャスト

壇上 壮大 役(浅野 忠信)

沖田と小学校時代からの親友でありながら彼を追い出し、深冬の夫となった男。

高い演技力に定評がある浅野忠信が、どこまで悪役を追求できるかにも期待したい。

井川 颯太 役(松山 ケンイチ)

「世界一の外科医になりたい!」という野心を持つ男を演じるわけだが、そのまま出来そう。

柴田 由紀 役(木村 文乃)

医療ドラマには欠かせないオペナースをきっちりと配役している。

外科医をしのぐほどの知識を持つ一流オペナースとして設定された。

榊原 実梨(菜々緒)

壮大の愛人である壇上記念病院の顧問弁護士。「愛人」付けましたね。

羽村 圭吾(及川 光博)

第一外科部長だが、思惑に絡んできそうな役職なこと間違いなし!

 

cd743415c69faa4e32b1934ee0598663_s

メインとなるキャストの発表があったわけですが、豪華に並べられているので抜け感が足りない気がします。

若手の人気急上昇タイプの俳優の配役がありません。

演技力や知名度を含め、長年定評がある配役揃いの為、ドラマの雰囲気が見えてしまっている感じが…。少しもったいないですね。

医療ドラマということで、1話完結として毎回にゲストタレントが登場する可能性が高いので、しっかり出演キャストを固めたのかもしれませんが、やっぱり…もったいないですね。

クセのある俳優に加え、もうひと押しがほしかったなぁ~という感想が残ります。

 

スポンサーリンク

 

 

原作なし・オリジナル脚本

脚本は、命を描くヒューマンストーリーに定評のある橋部敦子さん。

橋部さんといえば、代表作「僕の生きる道」「僕と彼女と彼女の生きる道」「僕の歩く道」の「僕シリーズ3部作」ですね。

その他にも「救命病棟24時」「ナースのお仕事」「フラジャイル」などの医療ドラマも担当しています。

原作なしのオリジナル脚本ということですが、脚本の期待は高いですが、主演がジャニタレな割合が多い方かなとも。

あわせて演出家は日曜劇場「とんび」、日曜劇場「天皇の料理番」などを手掛けている平川雄一朗氏ですので、きっちりとしたドラマ演出をしていく可能性が高いのではないでしょうか。

1話完結になりつつも、途中からのドラマ視聴は内容が分かりにくいかもしれないかな。

 

 

本当の注目度や話題性は何?

b2f327520995aa6406f2b38948c4b850_s

さてさて、本題です!

「A LIFE~愛しき人~」は、何が注目されていくのでしょうか。

まずは、視聴率でしょう。初回視聴率や最低・最高視聴率などは一番注目されるでしょう。

2016年秋ドラマで高視聴率だった「ドクターX」とあえてかぶらない様に調整されたという話もあります。視聴率の他にも、外科医としての設定比較をされる可能性も強いでしょう。

そして、出演者への注目度が高くなる要因としては、SMAP解散後の初ドラマとなる木村拓哉が主演することですね。

「A LIFE~愛しき人~」のヒロイン役については、各メディアで話題にされています。

2017.冬ドラマ「Get Ready!!」木村拓哉、医師役医療ドラマで初主演内定か?

また木村拓哉×竹内結子の「プライドコンビ」だけでなく、木村文乃×菜々緒の「サイレーンコンビ」が気になってしまいます。

どちらのドラマも話題性という面での評価が高かったので、視聴者も自然と比較してしまいそう…。

個人的な見どころとしては、

a-life-003

  • 浅野忠信が、どうゆう悪役を演じることになるのか?
  • 菜々緒が彼女自身を活かした悪女役に抜擢されているのか?

という配役設定が、気になっています。

悪女として菜々緒を配役しているのであれば、視聴者はサイレーン以上の新しい悪女を菜々緒に期待してしまいます。

欲を言えば、「悪女」で終わらずに「善女」で終えるパターンすら見たいと思うのは、私だけでしょうか。

その悪女は、浅野忠信の愛人なわけですから、菜々緒以上に浅野忠信が飛躍する悪役であってほしいというのが個人的な意見です。

単なる医療ヒューマンドラマで終わらせてしまわないよう願いたいです。

 

スポンサーリンク

 

 

木村拓哉のコメントについて

a-life-004

木村拓哉さんのコメントは以下のとおり。

今回集うスタッフ、キャストと共にどれだけの「想い」を伝える事ができるのか、決して逃げずに挑んでみたいと思います。

木村拓哉をはじめ、竹内結子や浅野忠信らは、早い段階からキャラクター作りを行ってきているようです。

医療ドラマを超えて、失速することなく面白いドラマを見せて頂きたいです。

ドラマファンとしては、木村拓哉やどうとかということよりも、「面白いドラマが見たい!」と思ってしまいます。

面白いドラマとして、綾瀬はるかさんや石原さとみが出ている作品を面白いと感じる私は、木村拓哉さんにも同じイメージを持っています。

いわゆる「この俳優が出ると面白そうだから、見よう!」という感じですね。

ご本人が「決して逃げずに」とコメントしているように、一部報道内容に惑わされることなく実のある医療ドラマを見せて頂きたいですね。

私のようにファンじゃなくとも、普通に見たいわッッ!と思っている輩もいるわけです。

≪関連記事≫ 2017.冬ドラマ「嘘の戦争」ソロ草なぎ剛、カメレオン俳優は天才詐欺師

≪関連記事≫ 2017年1月~3月.冬ドラマ

 

スポンサーリンク

 - エンタメ, 芸能人