モアナが髪に付けてる南国の花は何?髪飾りやヘアアクセはコレ!

      2017/03/12

ディズニー映画「モアナと伝説の海」恋愛一切なしのポリネシア系の女性を主人公にした海洋冒険映画。

もう見ましたか?

南国の少女といえば、髪飾りに花を付けているイメージがありますが、モアナのイメージにピッタリですね。

海に選ばれたモアナが、髪に付けていた髪飾りの花は何だろう?と思い、調べてみる事にしました。

≪関連記事≫ モアナと伝説の海「どこまでも~How Far I'll Go~」日米主題歌は誰?

≪関連記事≫ モアナに似てる!屋比久知奈が抜擢された理由や米国アウリィとの比較

 

ポリネシアとは?

太平洋の最も北にあるハワイ、最も南にあるニュージーランド、最も東にあるイースター島を結ぶ三角形の広大な地域には無数の島々があり、ポリネシアと呼ばれています。
ポリネシアはギリシャ語で、多くの島々を意味するそうです。

出典:http://polynesia.jp/village/polynesia/#.WMKeXm-LTIV

 

 

「南国の花」と言えば?

南国の花と言えば、「ハイビスカス」が有名です。

中央の(突き出ている)めしべとおしべを囲むように5枚の大きな花びらが上品で、南国の雰囲気を漂わせる花の代表格です。

しかし、モアナのつけていた髪飾りは、中央のおしべとめしべが見えませんので、ハイビスカスの花ではないようです。

映画本編の冒頭で、幼児期⇒幼少期⇒少女期と描かれますが、幼少期にピンクのハイビスカスの花を付けている時期がありました。

ただ、映画全般を通してみると、赤のハイビスカスは、モアナを見守り、運命へと導くタラおばあちゃんがつけていることが多かったです。

ちなみに、愛情と思いやりにあふれた母シーナは、ピンクのハイビスカスをつけていました。

 

スポンサーリンク

 

モアナ髪飾りの花はコレ?

ハワイに旅行に行った時に、「アロハー」と、首にかけてもらうレイ。

モアナの髪飾りは、このレイに良く使われている花、プルメリアの花ではないかと思います。

頭や首などにかける装飾品のレイには、プルメリアの花がよく使われています。

ハワイでは、髪飾りとして用いられることが多く、髪にさすときには、未婚者は右に、既婚者は左につけるそうです。

タイではドレスなどに着ける花飾りのコサージュとして、プルメリアの花がよく使われるのだそうです。

 

 

プルメリアの花言葉と由来

プルメリアの花言葉は「気品」「恵まれた人」「日だまり」「内気な乙女」

「気品」の花言葉は、優美なその花の姿と、プルメリアの放つ優雅で上品な香りに由来するといわれています。

また、「日だまり」の花言葉は、常夏の太陽の光を浴びて沢山の花を咲かせることにちなむともいわれます。

白、黄、ピンク、赤、オレンジ、複色など花の色もたくさんあり色彩に富んでいるのも魅力です。

まるで、南国の島のモアナのようで、イメージにぴったりですね。

 

スポンサーリンク

 

モアナ役もプルメリア使用

アメリカ版のモアナ声優・アウリィ・カバーリョは、ハワイ・オアフ島出身少女なだけあって、プルメリアの花を髪飾りとして使用していることが多いですね。

未婚だから、右側に花を付けていますね。さすが、ハワイ出身!

日本語版のモアナ声優・屋比久知奈さんも日本語吹替版主題歌「どこまでも~How Far I'll Go~」を初披露する際に、プリメリアの花の髪飾りを使用しています。

となりに見える白い小さなお花は、ククイの花です。ククイの花も南国を象徴する花でレイや髪飾りにに使われることが多い、南国代表の花のひとつです。

出典:http://natalie.mu/eiga/news/220016

 

 

まとめ

今年の夏は、プルメリアの髪飾りやアクセサリーなど小物が、店頭にたくさん並ぶかもしれませんね。

髪の長い方なら、プルメリアの髪飾りを付けて歩くだけでも、子供も大人もモアナ風になりそう。

コスプレにも役立ちそうですので、ハイビスカスの花ではなく、プルメリアの花を選ぶことをオススメします。

モアナがつけている花冠のレイ(「ハクレイ」といいます。)は、ティーリーフとプルメリアの花かな?と思っています。

出典:http://hawaiibiyori.com/

ティーリーフには、赤色もあります。

本編では、赤のハクレイをつけて歌っているシーンもありましたよ。(私が勝手にティーリーフだと思っているだけかもしれませんが…。)

モアナ似の人って、わりと多いのではないのかと思い始めた今日この頃。

モアナに似てると言われる人がいたら、是非付けてほしいアイテムですね(笑。

スポンサーリンク

 

 - エンタメ