島本理生ナラタージュ遂に映画化!松本潤×有村架純”禁断の愛”濡れ場が美しい

      2017/06/18

島本理生(しまもと りお)著書の恋愛小説『ナラタージュ』が遂に映画化しますね。やっと映画化という言葉がふさわしい、大変好きな作品なんです。どんな作品なのか、また主演が嵐の松本潤と有村架純です。そして、監督が『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲(ゆきさだ いさお)が務めるそうです。作品を壊さず、期待できる映画になりそうなので、がっちり独り言です。

≪関連記事≫ 2016.秋ドラマ「きみはペット」13年ぶりのドラマ化。出演者キャストを比較

 

『ナラタージュ』ってどんな作品?

mj-001出典:https://www.amazon.co.jp/

「本当に愛した人とは結ばれることがない」という言葉を聞いたことがあると思います。

そして「雨」を見ると、私は二人の感情を思い出すことができます。禁断の恋愛小説で、読んだ方の間では評価が高い作品です。

壊れるまでに張りつめた気持ち。そらすこともできない二十歳の恋大学二年の春、片思いし続けていた葉山先生から電話がかかってくる。泉はときめくと同時に、卒業前に打ち明けられた先生の過去の秘密を思い出す。

原作は、島本理生(しまもと りお)先生が2005年、角川より出版した同名恋愛小説『ナラタージュ』です。2006年版「この恋愛小説がすごい」第1位を獲得した作品です。

個人的に好きな恋愛小説でしたが、しばしば映画化の噂があっては消え…あっては消え…の繰り返しでした。やっと念願の映画化ですね。

今回の映画化では「世界の中心で、愛をさけぶ」でおなじみの行定勲(ゆきさだ いさお)監督がメガホンをとります。

 

スポンサーリンク

 

行定勲監督(ゆきさだ いさお)とはどんな人?

mj-002

2004年東宝映画「世界の中心で愛をさけぶ」(通称:セカチュー)で、興行収入85億円、観客動員数620万人を記録し、この年の実写映画No.1(興行収入85億円も首位)となった映画の監督でした。主題歌、平井賢の「瞳をとじて」も大ヒットをしました。

また、森山 未來(もりやま みらい)や長澤まさみの出世作と言われており、若手を世に送り出した作品でもあります。

行定勲監督の世界観は、ぶれることなく独特のしっとり感が終始漂います。まるで「雨」のように”しっとり、じわじわ、浸み込んで離れることができなくなる” そんな印象を与えることができる監督だと思います。

助監督として、岩井俊二監督の助監督として1995年映画 中山美穂主演『Love Letter』や1996年映画 Chara主演『スワロウテイル』に参加しています。独特のしっとり感は、これらの作品からも垣間見れると思います。

『スワロウテイル』に至っては、主題歌の YEN TOWN BAND(CHARA)の「Swallowtail Butterfly~あいのうた~」も大ヒットしました。そして、YEN TOWN BANDとしては12年ぶりの復活ライブを行いました。活動再開しているようです。

YEN TOWN BAND feat. Kj(Dragon Ash) / 「my town」MUSIC VIDEO (監督:岩井俊二)

この歌声、誰にも真似できない!

典:www.youtube.com/

 

濡れ場が美しくなる予感

どうやら主演の松本潤さんとヒロインの有村架純さんとでベッドシーンがあるようですね。作品を読んだ私からすれば、あって当たり前と思います。ない方がおかしいような気さえします。そして、松本潤なら作品を壊さないと期待しているのですが、その理由が2本の映画です。

松本潤といえば、ジャニーズ事務所の「嵐」のメンバーで「松潤(まつじゅん)」「MJ(エムジェー)」というあだ名で呼ばれることが多いですね。元々人気はありますが、人気を不動のものとし確立したのは、大ヒットドラマ「花より男子」の道明寺司(どうみょうじ つかさ)役に抜擢され、ハマリ役と好評を得たことが転機になったと思います。

しかしながら、アイドルとしてではなく、もともとフェロモンがある俳優さんであることが分かる映画が2本あります。

映画『東京タワー』

mj-003出典:https://www.amazon.co.jp/

2005年映画 主演はV6の岡田准一です。相手役に黒木瞳さんでした。2組の年上女と年下男の恋愛模様を描いた江國 香織(えくに かおり)作品。

松潤は、寺島しのぶと密会を重ねる間柄になります。当時21歳の松潤ですが、しっかりフェロモンを出した演技に挑戦していますね。相手役が、演技派の寺島しのぶさんだったのが良かったのかもしれません。

 

映画『僕は妹に恋をする』

mj-004出典:https://www.amazon.co.jp/

2007年映画主演です。相手役は榮倉奈々さんでした。2016年「99.9-刑事専門弁護士」で組んだお二人ですが、私は映画の印象が残っていたので、不思議な感じでした。双子の兄妹の禁断の愛という内容で、原作は少女コミック青木琴美(あおき ことみ)作品。すでに”禁断の愛”について演じ、経験を積んでいるのです。

映画『ナラタージュ』も”禁断の愛”がモチーフとなっています。ベッドシーンも美しいシーンで彩ってくれるような気がしますね。

 

スポンサーリンク

 

2017年秋公開予定

mj-005

 

映画『ナラタージュ』は2016年7月にクランクインしています。公開は2017年秋予定です。公式ホームはこちらから。

 

≪関連記事≫ 2016.秋ドラマ「きみはペット」13年ぶりのドラマ化。出演者キャストを比較

 

スポンサーリンク

 

 - エンタメ, 実写化