大谷亮平「逃げ恥」に逆輸入俳優として出演、第2のディーンは韓国俳優

      2017/11/14

nigehazi-006

今、第2のディーンフジオカといわれている俳優、大谷亮平(おおたに りょうへい)さんが逆輸入俳優としてブレイクするか少し調べてみました。

2017.冬ドラマ「奪い愛、冬」三浦翔平の泥キュン度がヤバイ!続編の可能性は?

 

大谷亮平(오타니료헤이)ってどんな人?

1980年10月1日生まれ(36歳)

身長180cm 出身地:大阪府

特技はバレーボールだそうで、高校時代は大阪市天王寺の清風高校、バレー部に所属していたそうです。

高い身長を活かして、日本でモデル活動を始めた大谷亮平さんですが、2003年韓国の「ダンキンドーナツ」のCM出演が決まり、それをきっかけに韓国でモデル・俳優として活動しました。俳優としてのデビューは、韓国のため『韓国俳優』になるかと思います。ドラマ「朝鮮ガンマン」では、韓国ドラマアワード2014 グローバル俳優賞を受賞しています。

 

これからの日韓友好に向けて、しっかり取り組んでいきたいと思うと述べています。

2003年で韓国へ渡った時は、全く韓国語を話せなかった大谷さんですが、CMの影響から仕事を掴むチャンスを得たそうです。韓国語の勉強のために、延世(ヨンセ)大学に通っていたそうです。今では、流ちょうな韓国語を話すようですが、俳優としては日本人役が多いですね。

2016年4月、アミューズと契約し、日本でもタレント活動を開始しています。福山雅治主演の月9「ラヴソング」が日本での俳優活動のデビュー作になりました。続いて、2016年10月期に新垣結衣主演「逃げ恥」に出演が決定しています。

韓国で芸能活動を続けていたので、肌のお手入れが行き届いてます。身長が高く、体格がガッチリしていなければ、韓国俳優は務まりません。男性像が強い俳優さんなので、同じ逆輸入俳優でも、ディーン・フジオカさんとは、少し系統が異なりますね。このへんは、アミューズ事務所の狙い通りなんでしょうけど。

 

スポンサーリンク

 

韓国俳優としては有名なのか?

では、韓国で俳優として活躍していた大谷さんの認知度はどうだったのかといえば、わりと受け入れられていたようですね。

私が大谷さんを知ったのは『ハッピートゥギャザー3』という韓国バラエティ番組のゲストとして出演している回をたまたま見ていたからですが、この回には日本の女優、藤井美菜さんも出演しています。ともに、日本人として韓国で俳優をしています。

それなりの知名度がなければ出演できない番組ですので、それだけ韓国作品に出演していたということです。

2013年は、国民の弟といわれているイ・スンギ主演のMBCドラマ「九家の書~千年に一度の恋」に忍者役として出演しています。

やはり、2014年映画『鳴梁(ミャンリン)』への出演はとても影響力があり、公開37時間で動員数100万人突破、公開12日で動員数1000万人を超えたそうです。なぜ、これほどの動員数を達成したかといえば、映画の内容でしょう。

nigehazi-005

1597年、たった12隻の船で330隻の日本船と戦ったという話らしく…。韓国の方々はこぞって観に行ったのかな?

映画の内容は置いといても、この作品に出たことで日本に逆輸入俳優としてスカウトされたのかもしれません。映画が2014年公開ですから、2年前ですし。そう思えば、大谷亮平さんにとっては、良い話題作に巡り合ったのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ「逃げ恥」日本初レギュラー出演

nigehazi-006出典:http://www.tbs.co.jp/NIGEHAJI_tbs/

2016年10月「逃げ恥」で初の連続ドラマレギュラーが決定し、役柄も星野源の恋敵となるハイスペックイケメン・風見涼太役に大抜擢されました。本格的に日本での活動が始まりますので、今後、韓国での俳優業のお仕事を失う事が予想されます。新たな逆輸入俳優として楽しませてくれることを願います。

2017.冬ドラマ「奪い愛、冬」三浦翔平の泥キュン度がヤバイ!続編の可能性は?

 

スポンサーリンク

 

 - エンタメ, 芸能人, 韓国