韓国TWICE発「TTポーズ」が流行?本当の意味をステマ疑惑から考察

      2017/05/17

『TTポーズ』って知ってますか?

知ってますけど…このTTポーズって流行ってるのですか?

と思っています。(はい、ごめんなさい。)

ということで…TTポーズについて、考察してみました。

 

 

『TTポーズ』の意味や由来は?

韓国の9人ガールズアイドルグループ「TWICE(トゥワイス)」の楽曲「TT」の振り付けの中に存在するパフォーマンスポーズで、顔文字(T_T)をイメージしています。

両手の人差し指と親指で、顔文字(T_T)を作っているわけですが、分かりやすいし、簡単にすぐできちゃいますね。

このポーズが、ジワジワとSNSで拡散され続け、芸能人まで飛び火したことによる加速効果で、Youtubeでの視聴回数は「PPAP」を超えたと一部メディアは報道しています。

 

 

『TTポーズ』は本当に流行っている?

個人的な意見ですが、『流行っている』と思っています。

どの辺が流行っているのかというと…

https://twitter.com/yuc_ty4na/status/856453018899828736

https://twitter.com/10twicekkk/status/853902233943117824

 

スポンサーリンク

 

ステマ疑惑の『TTポーズ』

「ステマ」って知っていますか?

ステマとは、マーケティング用語として使用されることが多い言葉です。

ステルスマーケティングとは、マーケティングの手法のうち、それが宣伝であると消費者に悟られないように宣伝を行うことである。

ステルスマーケティングは、中立的な立場での批評を装ったり、当の商品と直接の利害関係がないファンの感想を装ったりして行われる。

商品の特長の紹介や、評価システム上の評価をつり上げるなどの行為により、多くのユーザーの目に触れさせ、またユーザーの商品に対する印象を上げることが主な目的とされる。

出典:Weblio辞典

ステマではないか?と感じる方も多いようです。

 

 

本当の隠された意味とは?

あくまでも、私の意見ですが、『TTポーズ』は、これから、もっと流行ると思います。

そしてTWICE(トゥワイス)も同時に人気が出るでしょう。

ソレは、いくつかの条件とタイミングなどが重なっているのではないかと思います。

まず、韓国芸能において、日本の韓流ブーム第一次「冬のソナタ」に始まり、韓流ブーム第二次「イケメンですね」で韓国経済が潤ったことは間違いありません。

そして、K-POPの人気が加速していきました。

その後、日本の韓流ブームの火は一部のファンを除き、徐々に消えていきました。

韓国芸能は活動の場を、日本よりも人口が多い中国圏へと拡大していました。

しかし、中国政府は韓国芸能人が中国で活動することを規制しています。

そのため、韓国芸能において日本市場が、再び最重視されているのではないかと考えられます。

韓流スターの芸能活動に中国政府が規制措置、韓国芸能人日本で残れるのは?

また、記憶に新しい2016年大ヒットドラマ逃げ恥の「恋ダンス」が社会現象にまで拡大したのには、SNSの拡散が影響していると分析されています。

現在、SNSなどのネット社会から流行が作られるという、新しい動きに注目が集まっています。

〝簡単にマネができる”ということが、ひとつの拡散されやすい条件と考えて良いでしょう。

マネがしやすいという点では、2017年ブレイク芸人のブルゾンちえみの例も当てはまると思っています。

SNSでの拡散とマネがしやすいという日本市場の特徴が『TTポーズ』と上手くマッチングしているのではないでしょうか。

そのため、この流行は時代に合わせた戦略勝ちということかもしれません。

第三次韓流ブームは、果たして巻き起こるのでしょうか。

TWICEの日本デビューは、2017年6月28日に決定しています。

今後、日本に進出するする韓国アイドルグループは増えていく傾向が強まると推測しながら、展開を見守りたいと思います。

完全な予測ですが、BLACK PINK(ブラックピンク)も近いうちに日本進出しそうな感じがしますが、どうでしょうか。

BLACK PINK が日本デビューしたらリサが1番人気かもしれない理由

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

 

いかがだったでしょうか。

『TTポーズ』は簡単に写真に残すことができます。

見方を替えれば、時が経てば良い思い出として残りますので、1枚くらいTTポーズをして残しておいても、いいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

 - エンタメ, 韓国