長方形.正方形.楕円形のこたつの形の選び方・生活がしやすい大きさは?

   

602112

3つ目の新しいこたつを購入した我が家ですが、こたつの形も大きさも、沢山ありすぎて…。

種類がたくさんある分、どれを選べば良いのか、とても迷ってしまうものですね。

どのこたつでも用途は「こたつ」なので、気に入ったデザインで選ぶのも良いですが、日常的に使用する場合は、「使い勝手の良さ」の条件のひとつとして「こたつの形や大きさ」も考慮する必要があります。

こたつを選ぶ際に、重要になる「こたつの形と大きさ」についてまとめてみました。

≪関連記事≫ 重いこたつは不便?軽いこたつとの用途の違いやメリット・デメリット

 

 

こたつの形

600372

こたつの形は、長方形・正方形・(楕)円形の3つに分ける事ができます。

長方形

常に使用する大人が2人以上いることが、使用目安となりますので「家族向け」と言えます。

一番需要が高く、メーカーでもたくさんの種類を出しています。

好みに合うデザイン性の高い高性能の『家具調こたつ』を探しやすいとも言えるでしょう。

 

正方形

主に1人で使用することが多い一人暮らしの方や、一人部屋など向けと言えます。

子供部屋やおじいちゃんおばあちゃんのお部屋などにも、使い勝手が良いでしょう。

 

(楕)円形

長方形や正方形と最も異なる点は、大人数で座りやすいという利点です。

お子様が多いご家庭や、来客が多いご家庭などに重宝される形です。

お部屋の雰囲気が、長方形や正方形に比べて、優しさに溢れた温かいイメージになりやすいようです。

 

(楕)円形のこたつの選ぶときの注意点

円形こたつは、長方形や正方形のこたつよりもテーブルの使用スペースが小さくなります。

しかし、こたつを置く幅や奥行きのスペースは大きく取ることになります。

あわせて、布団なども円形は種類が少ないので、好みのデザインがなかなかないと言う声も多いのが現状です。

楕(円形)には、メリットとデメリットの要素がありますので、注意しておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

こたつの大きさ

601375こたつの大きさを選ぶのに基準はあるのでしょうか。

六畳のお部屋に『75×75』

を基準に考えると、選びやすいと思っています。これは、生活を基準としたときの我が家の考え方になります。

こたつを使用するということは、こたつの下布団・上布団・座布団・クッションなどのスペースも必要になります。

また、お部屋にはこたつの他にも、テレビやソファーなど沢山の家具が置いてあるお部屋もあります。

そのため、こたつを使用するだけで思った以上に部屋が小さくなってしまうものです。

我が家で使用している『75×75』のこたつでは、大人(中学生以上)2人、もしくは大人1人と子供(小学生以下)2人が使用できると感じています。

子供たち2人は、向き合ってこたつで宿題ができる程度の大きさになります。そこに私が一人一緒に使用しても窮屈な感じはそれほど気になりません。

これを基準に考えていくと、以下の通りとなります。

 

608984

常に使用する人数が、大人2人以上を含む3人以上の場合

長方形75×105以上のこたつを目安にすると良いでしょう。

お部屋が八畳以上の場合

六畳よりも大きいので、正方形75×75より大きい長方形のこたつを目安にすると良いでしょう。

ただし、八畳の部屋の全面を使用するのではなく、一部を使用したい場合は「75×75」が基準にすると良いでしょう。

一人暮らし・子供部屋などの場合

女性一人で75×75を使用するには、大きいと感じます。

身体の大きい男性であれば丁度良いかもしれませんが、それでも一人暮らしの部屋に置くには、やはり大きい感じになります。

お部屋の使用スペースを考慮しながら、「50×50」「60×60」のサイズがありますので、一ランク下の大きさを目安にすると良いと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

fff51643884776d834c9d875f6e4541e_s

こたつを愛用している我が家でのこたつの選び方を紹介致しました。

お店で見たときは、小さいと思ったのに、家に置いてみたら思ったりより大きすぎて生活に困ることがあります。

我が家では、思ったより大きすぎて…と返品した経験もあります。

お店だと販売フロアーが大きいので、目が錯覚してしまうそうです。

こたつを選ぶときは、

  • 屋の大きさ(六畳や八畳)ではなく、実際に使用できる空間スペースで考えること
  • 家族の人数ではなく、常に使用する人数を目安に考えること

が必要になってきます。

生活を基準として考えた時に、どのようにこたつの大きさを選べば良いのか?

その基準の参考になれば嬉しいです。素敵なこたつに出会えますように。

≪関連記事≫ 重いこたつは不便?軽いこたつとの用途の違いやメリット・デメリット

 

スポンサーリンク

 

 - 生活・暮らし