2NE1の解散理由は何?ボムが原因なのか韓国YG公式発表内容から考察

      2017/05/17

2ne1-005

韓国の人気ガールズグループだった『2NE1』が約2年、カムバックすることなく『解散』という形で幕を閉じる事になりました。

ファンの中では、突然の発表で衝撃が走ったようです。

 

 

所属事務所からの解散理由は?

所属事務所であるYGエンターテイメントからの公式解散発表は以下の通り。

2ne1

(左からDARA・BOM・CL)

2016年5月 2NE1の専属契約が満了し、MINZYが一緒にできない状況の中でYGは他のメンバーと長く議論した上で、2NE1の公式解散を決定することになりました。

2NE1は去る7年間YGを代表するガールズグループだったため、YGもその寂しさと残念な気持ちでいっぱいですが、活動を持続していくのは無理があると判断。

約束できない2NE1の活動を期待するよりはメンバーのソロ活動に邁進することを決定しました。

今まで2NE1の音楽と彼女たちを愛してくれた韓国国内外の多くのファンの皆さんに心より感謝申し上げます。

YGは去る5月以降、CLとDARAのソロ契約を締結し、残念ながらBOMは再契約を締結していないことを公式的にお知らせ致します。

2016年4月5日、メンバー最年少であるMINZY(ミンジ)が脱退した後、CL、BOM、DARAの3人で活動する意向を示していました。

ミンジは、脱退・契約満了後、同事務所で再契約を結ぶことはなく、現在もソロデビューなどの活動はできていません。

残念ですが、2NE1の肩書なしには、今後、注目される可能性は低いのかもしれません。

3人となった2NE1ですが、2016年夏にカムバックするのではないか?と噂になっていた時期もあります。

しかし、蓋を返して見れば、2016年夏にYGエンタから新人ガールズグループ「BLACK PINK」がデビューしたわけです。

black-pink-001

そのデビューも大がかりなコンセプトの元に、話題性を集め、現在も、着々と力を付けているという結果になっています。

≪関連記事≫ 新人『BLACK PINK』YGエンタの戦略、新曲MV完成で、デビューはいつ?

≪関連記事≫ BLACKPINKデビュー曲「BOOMBAYAH」解禁!2NE1と比較

 

YG側からは、2NE1のカムバックを待っているファンをいつまでも無期限に待たせてるのを辞めようという意向のようです。

ですが…結果的には、

2NE1のメインボーカルを務めていたBOM(ボム)は、同事務所と再契約しなかった。といえばよいのか?できなかったといえばよいのか?

ネットではボムが解散理由ではないのか?と騒がれている現状になっています。

このボムには、どんな問題点があったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 

解散理由はBOMが原因?

d9d285f0da31658402ba0ae563eacc42_s

ボムは『薬物密輸問題』を払しょくすることができなかったのかもしれません。それが尾を引いたのか?まとめてみました。

2010年、パク・ボムは麻薬の一種である「アンフェタミン82錠」を国際特送郵便で受け取ろうとして税関に摘発されました。

ダイエット用のお菓子のボックスに入っていたそうで、小包段ボールの箱には「ゼリー類」と表記されていたこと、郵便物受け取り住所や受取人が、本人ではなく親戚名義であったことなどが、2014年に相次いで報道されました。

米国では合法薬だったそうですが、日本や韓国では違法薬のアンフェタミン。

この報道で、2NE1はメディアから姿を徐々に消していくことになります。

YGエンタ代表のヤン・ヒョンソクは、

学生時代サッカー選手として活躍したパク・ボムは、試合中に親友の死亡を目撃し、それ以来、何年も精神科のカウンセリングや心理療法を並行してきており、アメリカの有名な大学病院が正式に処方した薬を服用してきたのが、アンフェタミンを服用するようになった理由だ。

米国の大学病院側からパク・ボムの過去数年間の診断書と診療記録処方箋などを受け取り、調査過程ですべて検察に提出し終わっている。

パク・ボムの場合、米国で数年間服用していた薬が韓国には無いということを知っていただけで、それが輸入禁止品であるという事実は認知できなかったようだ。

4年前の調査でその事実を知ってから、韓国内の大学病院で他の薬で対処し、服用していると聞いている。

と当時、明らかにしました。

報道は2014年ですが、摘発された事実は2010年の4年前であったこと、その4年間で2NE1は圧倒的な影響力を持つタレントとして急成長していたことから、芸能活動の自粛を含め、賛否両論が飛び交う結果になったのかもしれません。

もう一つBOMには、『整形依存症』の疑いも消えなかったのかな?とも思います。

bom-007

ちょっと別人に見える時も…。

整形大国である韓国ですが、整形を繰り返すと、強い薬を服用し続けないといけないという闇噂があります。

実際のところ、私の身近で整形を繰り返している知り合いはいないので分かりませんが、ボムに関しては整形の回数が多いと騒がれていました。

もともと美脚が持ち味で、常にミニスカート担当であったボムの「美」への追及心もさることながら、ファンも彼女に「美」を求めていたことが『整形依存症』の闇噂を加速させる要因になったのかもしれません。

2ne1-006

個人的にBOM(ボム)の美脚はスニーカーを履いても劣ることがなかったと思っています。

歌唱力も高く、容姿端麗でしたので2NE1で一番人気だったのはボムだったのかもしれませんね。

デビュー当時、2NE1を結成させた理由のひとつとして、ボムをデビューさせる意図が含まれていました。

2NE1の人気が国内外に増殖していった結果、ボムには『整形依存症』の噂が消える事はありませんでした。

姿を消してから約2年、イメージの回復をすることが難しかったことが、今回の解散に影響しているのではないかとネットでは噂されるのも分からなくはないですね。

 

スポンサーリンク

 

 

今後の活動はどうなる?

cl-010

2NE1のリーダーだったCL(シー・エル)は2014年以降、米国で歌手として活動をしています。

ビルボードでの話題もあり、影響力があるタレントとして韓国では、何度も取り上げられています。

現在、25歳。年齢的にも、まだまだ今後もお仕事が増えそうですね!

 

32歳のDARA(ダラ)も自然体な美人で、愛嬌があり、可愛らしい女性ですので定期的にソロ活動していました。

SNSなどで活動も配信していましたし、何より韓国の芸能人が彼女を好きな方が割と多い事が強みです。

歌手というよりマルチタレントや女優として幅を活かせるかもしれませんね。

 

最年少だったMINZY(ミンジ)も大人になり現在22歳。整形もして綺麗になりましたが、ダンサー要素が強いです。

今後、プロデューサーの方へ転向があるかもしれません。

 

BOM(ボム)に関しては、今後の専属契約を結ぶ事務所によって大きく変わってくるかもしれませんね。

見た目は童顔ですが32歳ですので、ここで消えてしまうか、返り咲くか…。

個人的には、ボムの歌声をもう一度聞きたいと願っていたりします。ハスキーボイス好きでした!

 

まとめ

突然の解散発表があった「2NE1」ですが、またひとつ時代が終わった感じがします。

そして、4人だったから「2NE1」だったような。結局のところ、これで良かったのかもしれません。(ファンの方すみません。)

4人でステージに立ってパフォーマンスした映像は、たぶん、コレが最後になったのかな?(間違っていたらすみません。)

韓国の芸能界で長くグループ活動を続けるのは大変なことです。

K-POPの時代の象徴のひとつとして、「2NE1」の存在は確かにありました。

今後は、後輩「BLACK PINK」に期待できるのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

 - メディアニュース, 韓国