羽生結弦ギネス世界記録認定!平昌冬季五輪メダル"いい色"宣言で報道解禁

      2017/03/11

羽生結弦選手が、リオ五輪終了後の熱も冷めやまぬ空気の中、久しぶりにメディアに顔を出してくれました。平昌冬季五輪を見据えたコメントを残していますよ。

 

ギネス世界記録認定

yuzuru-005出典:http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1608/22/news129.html

ソチ冬季オリンピック男子フィギュアスケートで金メダルを獲得した羽生結弦(はにゅう ゆづる)が持つ3つの記録がギネス世界記録(Guinness World Records)に認定され、2016年8月22日に東京都内で認定証の授与式が行われました。

この日は、2016リオデジャネイロ五輪の閉会式が終了した翌日になりますが、12時間の時差があるので、日本では22日午前中の生放送終了後ということになりますね。きっとスポーツ選手として、調整したのでしょうね。

 

3つのギネス世界記録認定

yuzuru-001出典:http://luckydaze.seesaa.net/

2015年12月にスペイン・バルセロナで行われたフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで羽生選手が出した男子シングルの

ショートプログラム(SP)110.95
フリースケーティング(FS) 219.48
合計 330.43

の3つが男子フィギュアスケートの世界最高得点として認定されました。

 

羽生結弦選手のコメント

yuzuru-003出典:http://luckydaze.seesaa.net/

「本当にうれしい。記録は常に更新しないといけないし、認定は、その情熱の基になる。これからもどんどん進化し、自分の記録に挑戦し続けたい」と語っています。

 

スポンサーリンク

 

 

平昌五輪メダルの色

51d99dfd83db2e1d1c035fcb69337041-aaa_s

リオデジャネイロ五輪で日本選手団が金12個、計41個のメダルを獲得したことについて質問を受けた羽生選手ですが、以下のコメントをしています。

「それに続いて頑張っていかないとと思う。12個の金メダルは、団体、ペア、個人と、一つ一つの競技が印象に残った。僕自身も記録を更新し続けて、(2018年平昌冬季五輪で)いいメダルを持ってこなくちゃと思った」と刺激を受けた。

質問がリオ五輪のメダル獲得だったので、コメントも平昌冬季オリンピックの話をしたのだと思いますが、まだ今季のグランプリシリーズや世界選手権などが開催前です。いくらでもコメントを今期に変更することが可能だったはず。

しかし、平昌冬季オリンピックでコメントを返すあたりが、意識の強さだと思います。

例年、12月のグランプリファイナルへ向けて調子を上げ、良い演技をしていますが、3月の世界選手権への調整がうまくいかなくなっていることを告白し、従来の調整を反省しながらも、

「五輪は僕たちにとって最大の目標。それが2月に行われるので、そこに合わせたピークの持っていき方を今季からしっかりやりたい」とのこと。

試合の流れとしては、d84489d915ccb663f95600f7e2a4724f_s

2016-2017 グランプリシリーズ

2016-2017 日本選手権

2016-2017 世界選手権

2017-2018 グランプリシリーズ

2017-2018 日本選手権

2018.2 平昌五輪(冬季オリンピック)

2017-2018 世界選手権

となっているので、2016-2017シーズンとなる今季シーズンからの調整が好ましいと言われています。フィギュアスケートファンなら耳にしたことがあるでしょう。

また、今季にあまりに調子が良すぎると、五輪シーズンに調整が上手くいかない選手も、割と多いのがジンクスでもあります。

今年は、ステップのしっかり踏んで、五輪シーズンに備えるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

 

報道自粛があったのか?

586e5e217ca01dd0c260d3bedcee7205_s

一部で言われているのが羽生選手の報道を自粛しているのではないか?というメディアへの疑問ですね。その理由として、あげられるのは2つ。

2016年1月に週刊誌『女性セブン』で同級生と結婚前提で交際をしているという記事がでました。嘘か?本当か?も気になりますが、世界選手権前の調整時期に、果して報道する内容だったのかということに疑問が残ります。

そして、2016年4月26日、日本スケート連盟は、羽生選手が左足の甲靭帯損傷で全治2ヵ月であると公式発表しました。詳しい内容は発表されていませんが、足に直接衝撃を受ける競技の選手は、『リスフラン関節損傷』を好発する率が高いということから『リスフラン関節損傷』ではないかと言われていました。

過度な報道がされることなく、ゆっくり療養できれば良いなと思っていましたが、この時期は、羽生選手の報道をメディアが、自粛したのではないかと言われています。本当にそうであれば、美しい話ですね。悪い事してないですからね!当然かとも思います。

 

スポンサーリンク

 

第2戦カナダで新プログラムお披露目?

yuzuru-004出典:http://hanyuu-yuzuru.seesaa.net/

帰国はせずに、練習拠点のカナダ・トロントで治療を受けたそうですが、6月から練習を再開。「最初は1回転もせずにただスケーティングの練習」だけだったのが「今はジャンプもできるようになってきた。もとに戻ってきた」と順調に回復しているとリップサービスも付け加えてくれています。

羽生結弦選手のグランプリシリーズのエントリーは、第2戦「カナダ」と第6戦「日本」です。

調整中なだけに、今季プログラムは、グランプリシリーズが初お披露目になる可能性が高そうですね。

まずは、ギネス世界記録認定おめでとうございました。ということで!最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - スポーツ, フィギュアスケート