世界トップフィギュア選手からも人気がある浅田真央を応援したくなる理由

      2017/04/11

mao-001

平昌五輪まで現役を続行することを表明した女子フィギュアスケートの浅田真央選手ですが、2018年平昌五輪には、27歳になっています。年齢的にもラストになる可能性が極めて高いと思われます。

すでに、女子フィギュア界も若い世代が育ってきています。浅田選手に憧れた者達が、開花している時代に入りました。

そんな中でも、世界トップフィギュア選手からの人気が非常に高い浅田真央の魅力を考えてみました。

浅田真央の現役引退で平昌五輪は出場ならずも「ありがとう」感謝の声

≪関連記事≫ フィギュアスケートのジャンプ6種類の見分け方を分かりやすく解説

 

スポンサーリンク

 

 

なぜか応援したくなる浅田真央の魅力とは?

mao-002

浅田真央選手の魅力は、日本人女性の魅力ともいえる「凛とした強さと美しさ」を持っている事ではないでしょうか。

この言葉は、「態度や姿がりりしく、誠実(強い)で思いやりがある(美しい)」と解釈できます。

日本人女性は、海外でとてもモテるのです。どの国でも上位にランクインしています。

その代表的な理由が「心配りができる」ことです。簡単にいうと、時代劇や朝ドラの献身的な妻という感じでしょうか。

「そんな女性はいない!」と言いたくもなりますが、少なくとも日本人女性として生まれたなら「心配りができる女性」と一度は言われたくなるものです。

浅田選手は、この魅力を持っている方です。ゆえに、海外の人気フィギュア選手から人気があるのも分かりますね。

そして、ロシアのタラソワコーチのもとで指導を受けていたので、ロシア選手との交流が深かった浅田選手。ロシアトップ選手からの人気がとても高いです。

 

ソチオリンピックで団体金メダルに貢献したユリア・リプニツカヤ選手ですが、真央ちゃんを「世界で一番強い選手」と言っています。

asada008

 

 

また、ソチ金メダリストのアデリナ・ソトニコワ選手も「尊敬する選手」と言っています。

asada009

 

ソチ五輪閉幕後には、あの「皇帝」エフゲニー・プレシェンコ選手も「真央は素晴らしかった。トリプルアクセルは特に良かったよ。君は真の戦士だ」と前夜のミスを引きずらずトリプルアクセルを成功させたことを賞賛しています。

asada010

 

 

 

平昌五輪出場が最終目標

asada005

「今は何があっても最後までやりきるという強い気持ちがある。」

「五輪に2回出てきて、選手としての最高の舞台。もう1度出たいという気持ちがある。それが私の最終目標となる」

「シーズンを終えて、次の目標が見つかったので、もうスタートしていかないといけない。」

現役続行表明の際には、上記のような表言をされていますね。

五輪に出場できたとしたら、金メダルを目標にするでしょう。

今はそこまで発言していませんが、しっかり視野にいれているということだと思います。

そう考えると、来季シーズンからが、とても大切になってきます。ただ、来季シーズンであまり良い成績を出し過ぎると、五輪シーズンに良くないというジンクスもありますので、そこは五輪を目標に最終調整をすることになるでしょう。

「もうスタートしていく」というのは、そうゆうことだと解釈しています。

 

スポンサーリンク

 

今後のフィギュア界について

mao-003

2016年世界選手権で優勝したエフゲーニャ・メドベデワ(16歳)選手もロシアです。

現在の女子フィギュアスケート選手は、ロシア勢が圧倒的な存在感を表しています。

エレーナ・ラジオノワ、アンナ・ポゴリラヤ、エリザベータ・トゥクタミシェワ、ユリア・リプニツカヤ、アデリナ・ソトニコワなども名を連ねてます。

ロシアに負けずと、日本女子フィギュアスケート選手はジュニアが着々と力をつけ始めてきました。

2016年9月、史上7人目となるトリプルアクセルを成功させた紀平梨花(きひら りか)選手も伸びてきています。

浅田選手は「世代交代って、こうゆうことか」と温かく称えました。

「浅田真央の目標が平昌五輪に定まった」ということで、より一層、女子フィギュア界が更なる高みへ昇ることだと思います。

そして日本女性の代表のような浅田選手ですので、また感動を与えてくれる演技を披露してくれることと期待しています。

浅田真央の現役引退で平昌五輪は出場ならずも「ありがとう」感謝の声

≪関連記事≫ フィギュアスケートのジャンプ6種類の見分け方を分かりやすく解説

≪関連記事≫ 紀平梨花、史上7人目トリプルアクセル成功!ジュニアでは史上2人目快挙

 

スポンサーリンク

 

 

 - スポーツ, フィギュアスケート