また、「シルク・ドゥ・ソレイユ」のパフォーマーへと転向を遂げた選手もいました。

田原丈嗣、石井勝也、菅正樹、遠藤竜馬は、当時、花園大学の現役学生だった選手たちで、大学を休学してまでシルク・ドゥ・ソレイユに入ることを選択したそうです。