【シンクロ】リオオリンピック放送日程とマーメイドジャパン日本代表選手

   

シンクロ

2016年リオデジャネイロオリンピック(五輪)のシンクロナイズドスイミングは、以下の予定で開催されます。

 

◎放送日程

≪ご注意≫ 対戦日は、日本時間に合わせて一覧表にしています。現地ブラジル時間とは異なりますので、ご了承ください。

 

デュエット(乾友紀子、三井梨沙子)

対戦日 放送局(日本時間LIVE) 録画放送
フリールーティン予選 8/15(月) NHK-BS1(7:00~)
テクニカルルーティン 8/16(祝) NHK総合(1:15~)BS1(7:00~)
フリールーティン決勝 8/17(水) TBS・NHK-BS1(1:50~)  NHK-BS1(17:00~)

チーム

対戦日 放送局(日本時間LIVE) 録画放送
テクニカルルーティン 8/19(金) Eテレ(1:00~)  NHK-BS1(17:00~)
フリールーティン決勝 8/20(土)  NHK総合(0:00~)  NHK-BS1(17:00~)

※日本とブラジルでは、時差が12時間程度あります。

 

◎マーメイドジャパン代表選手とコーチ

デュエット、チーム 乾友紀子 三井梨沙子
デュエット補、チーム 吉田胡桃
チーム 箱山愛香、中村麻衣、丸茂圭衣、中牧佳南、小俣夏乃、林愛子
ヘッドコーチ 井村雅代

《関連記事》シンクロ、リオ五輪代表乾友紀子&三井梨紗子「風神雷神」でメダル奪還へ

《関連記事》シンクロが消える!競技名称変更でリオ五輪最後、東京五輪では新名称か?

 

スポンサーリンク

 

フリーとテクニカルの違い

rio2016

リオオリンピックでは、フリールーティンとテクニカルルーティンの2プログラムを行います。また、両方の合計得点で順位を決定します。

フリールーティンは、演技制限時間3~4分の間に、伴奏音楽を使用し、自由な構成で演技を行うものです。

テクニカルルーティンは、演技制限時間2~2分50秒の間に、伴奏音楽を使用し、演技中にルールで定められた7~10個の規定要素(エレメンツ)を順序通りに演技を行うことが求められます。

そして、特定の要素以外はすべて、選手全員(デュエットの場合は2名、チームの場合は8名)が同時同方向で演技しなければならないことになっています。

 

芸術性が求められる評定競技

シンクロナイズドスイミングは、審判員(ジャッジ)の採点によって評価される評定競技です。

ジャッジによる評価の観点は、「難度」と「完成度」です。ジャッジは選手の演技を、採点基準にそった評価を基本に採点します。そこに相対的な評価を加えて、最終的に総合評価しています。

相対的な評価とは、完遂度(完璧さを求める)、同調性、演技構成、音楽の解釈、演技力、独創性など多方面からの評価です。また、各々の採点割合が決められている非常に複雑な採点方法となっています。

採点システムが分からなくても、観客を引き込む演技をするチームは、やはり高得点がでますので、分かりやすく楽しめる競技のひとつだと思います。

 

《関連記事》シンクロ、リオ五輪代表乾友紀子&三井梨紗子「風神雷神」でメダル奪還へ

《関連記事》シンクロが消える!競技名称変更でリオ五輪最後、東京五輪では新名称か?

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - スポーツ