雨を有効活用!雨が大嫌いな人の梅雨入りから梅雨明けまで楽しみ方

      2017/05/31

窓から見た雨の景色を見ていると、何だか暗い気持ちになってしまいます。

「雨が好きですか?」というアンケート調査を調べてみると、雨が好きな人は、平均で8%程度という結果が多いようでした。

雨が嫌いな人が、少しでも梅雨時期を乗り越えられる楽しみ方をご紹介します。

≪関連記事≫ 梅雨時期の意味や由来・正しい読み方とは何?3分で分かる豆知識

 

 

雨音で楽しむ、リラックス効果?!

 

雨は、マイナスイオンを発生させます。

マイナスイオンとは、目には見えない分子集団のことで、マイナスの電気を帯びています。

そして、マイナスイオンは、ストレスの軽減やリラックス効果があると言われています。

逆に、プラスイオンは、イライラさせたり、興奮させたりする作用があると言われています。

水しぶきの多い滝がパワースポットと呼ばれるのは、このマイナスイオンの発生が起こるからです。

雨の日は、普段よりマイナスイオンが町中に充満するので、少し雨のしぶきを五感で感じてみるのも楽しそう。

また、癒しの(ヒーリング)音楽には、雨の音や水の音が良く使われています。

自然のかすかな音は、リラックス効果が高いという理由が、ここからも分かります。

自律神経のバランスが整う効果もあるので、じめじめする梅雨だからこそ、雨音をゆったりと聞いてみると、リラックスできるんですよ。

 

スポンサーリンク

 

 

普段よりも集中力、記憶力が高くなる?!

 

雨は、「しとしと」「ザーザー」のような音や、「ポチャ、ポチャ」のような滴が落ちる音など、少しずつ変化をさせながら、一定のリズムを刻みます。

この気にもとめないような自然な変化と微かなリズムで、アルファー波(α波)を出して集中力が高めます。

そして、今にも雨が降りだしそうな真っ暗な曇りの日は、何だか暗い気持ちになります。暗い気持ちの時は、周囲に対する注意力が高まり、普段より周りを良く見て、慎重な行動をするでしょう。

逆に、明るく晴れた日は、不思議と幸福な気分を味わいます。幸福な気持ちは注意力を下げ、普段より自信を持った行動をするでしょう。

私たちは、暗い気持ちの時は頭で行動し、明るい気持ちの時は身体で行動する傾向があります。

そのために、雨の日のほうが記憶力がよく高くなります。

例えば、普段どおりに作ったはずの料理なのに、いつもより美味しい料理ができたりするかもしれません。

ゆっくりビデオを見て暇つぶしをしているはずなのに、もっと面白く感じたりするかもしれません。

どうですか?梅雨時期も楽しめそうになってきませんか?

 

スポンサーリンク

 

 

乾燥肌に効果的、エイジングケアも。

 

ん?梅雨と美肌が結びつくとは一体どうゆうことでしょうか。

医療や科学のスペシャリストの中に肌に効果がある時期と話す方がいました。

脳科学評論家の澤口俊介先生は、「ほんまでっか!?TV」の放送で

「梅雨時期は、気圧が低くなり、湿気によって肌のハリが出てくる。肌が一番キレイになる時期なので、露出させた方が、見た目年齢を若干若返らせる。」

とお話ししていたそうです。

さらに調べてみると、乾燥肌の方は、この時期を有効に使うことができるようです。

一般的は肌の方の場合、美容に効果的な湿度は、60〜65%くらいが理想とされています

梅雨の時期は、最も湿度が高くジメジメしますよね。推奨されている適正な湿度は40〜70%程度であり、お肌に最も良いとされている湿度は65%ですので、乾燥肌の方の場合は、65%以上ということになりますね。

私も乾燥肌なのですが、実際、湿度が高い梅雨時期に肌がベトベトすると、あまり感じられません。むしろ、年間を通して、一番肌が楽に感じられる時期です。

私のように、乾燥が楽になったと感じる方は、保湿化粧品を減らして、少しサッパリめの化粧品にするとことが大切だそうです。

サッパリめの化粧品のあとに、保湿化粧品を使うことで安定した肌を作ることができ、夏が過ぎた頃から少しずつ保湿化粧品を増やすような流れでお手入れをすることで、安定した肌を保つことができます。

梅雨時期を有効に活用して、お肌ケアの見直しをしたいですね。

乾燥肌ではないという方への補足ですが、「足のかかと」「ひじ」「ひざ」など部分的な所はどうですか?

もし、部分的に乾燥しているという場合も応用できますので、試してみるのも良いかもしれません。

≪関連記事≫ 硬い踵の角質を除去するグッズと正しいケア方法で「かかと美人」へ

 

スポンサーリンク

 

 

雨は、好きですか?嫌いですか?

 

雨についてのメリットを知っているか、知らないかだけでも、違うものだと思います。

今年は、いつもと違う梅雨の時期を過ごせるお手伝いが出来たでしょうか?

私は「雨が好きですか?」と聞かれたら、好きとまではいかないが「嫌いではない」と答えています。

雨の楽しみ方を知っているので(笑。

≪関連記事≫ 梅雨時期の意味や由来・正しい読み方とは何?3分で分かる豆知識

 

 - お役立ち, 生活・暮らし