風水で考える金運を上げる長財布の知っておくべき色(カラー)と素材は?

      2016/06/12

今年に入ってから「財布」の購入を考えています。「財布」といえば「お金」ですね。「風水」的にはどう選べば良いのでしょうか。

日ごろから「占い」や「風水」などにそれほど興味のない方も「どうせ財布を買うならお金が貯まる財布を選びたい」と気にするもの。私もそのひとりです。

「理想の財布」があったので、「風水」と合わせてみることにしました。

6bae6fcd3196f05af1922133a37e2f90_s

 

財布の色は、赤・青・緑は避けた方が良い理由

「赤」は「火」、一瞬でお金が燃える(失う)「青」は「水」、お金が流れると言われています。

また、「緑」については「木」のイメージがあり問題なさそうですが、木が根を生やすように地道にコツコツ働いてお金を貯めると言われています。よく考えてから購入すべき色になります。

また、特に強い赤・青・緑については、より強い気を発するので財布としては避けておきたい色ですね。

では、「風水」的に良いとされる色は何色でしょうか。

「茶(ブラウン)」「黄土色(キャメル)」「肌色(ベージュ)」です。どの色も「土」のイメージで「土」とは「豊かさ」の象徴です。「お金」との相性が大変良いとされています。

また、「黄色」や「ゴールド」は、「金運」に好まれますが、個人的には気が強いので上級者向きだと思っています。

 

スポンサーリンク

 

 

財布の素材は、本革に「光」を取り入れる事

やはり「本革」が良いですね。牛・羊・ヘビ・ワニなどどれも「金運」を上げる効果があります。

「羊(ラム)」は群れをなすので「家族の安泰」「人脈」を象徴しています。

「ヘビ」は脱皮を繰り返すことから「回転」がよくなる事業主向けとされています。

「ワニ(クロコダイル)」は大きな口で食わえた物を離さない「維持」の象徴です。

そして、最も選ばれているのは「財を蓄える」「豊かになる」と言われている「牛革」です。お手入れがしやすいのも魅力ですね。

ここからが、私流。「光」を取り入れるとは、光沢のある「エナメル」であったり、「ファスナー」や「モチーフ」に「ゴールド(金色)」が使われているもの選ぶということです。

「キラキラ」を取り入れることで、財布の色を、黄色やゴールドにする必要がないのです。

どうせ買うなら、飽きのこない色や使いやすい色を選択したいので「おもてなしアイテム」です。

 

スポンサーリンク

 

 

二つ折り財布より長財布を選ぶべし

大切なお金が、折れてしまうのは避けたいです。自分のところにいる間は、のびのびと伸ばしてあげています。

そして私は、「お金は動かすもの」と思っています。動かすから入ってくると信じています。

また、お金にハッピーな気持ちをのせてあげることにしています。「なんで、こんな物にお金を払わないといけないの?」というような気持ちをのせてお金を出すことはしないよう心掛けています。

 

今回、私が選んだ「財布」は「ココデュラン の フローズン アレフランス」ショコラベージュです。

≪関連記事≫ ココデュラン「フローズン アレフランス」実物感想

 

スポンサーリンク

 

 - お役立ち