雛人形いつからいつまで飾ると良い?飾る期間と片付ける時期を極める

   

3月3日「桃の節句」に合わせて飾る雛人形ですが、飾る期間と片付ける時期について、しっかり押さえておきたいものです。

気になる時期についてのアレ、コレをまとめてみました。

 

 

雛人形はいつから飾る?

一般的には、節分(2月3日)の翌日である立春(2月4日頃)から飾り始めると良いと言われています。

これは、節分で豆まきをして厄や災難を祓(はら)い清めたあとに、子供の成長や幸せを願い、飾り付けることが良いと言われているからです。

また、3月3日の前日ギリギリに飾るのではなく、遅くとも2月中に飾るようにするようにしたいものです。

 

スポンサーリンク

 

雛人形はいつまで飾る?

一般的には、3月3日が過ぎたら、片付けはじめて良いと言われています。

雛人形を片付けるのが遅くなると、お嫁にいくのが遅くなる、お嫁にいけなくなる、など「婚期」を逃すように言われています。

『遅く片付ける』⇒『遅く片付く』⇒『嫁に行くのが遅くなる』⇒『婚期が遅れる』

という”言葉の語呂合わせ”が由来です。

特に、ご年配の方から聞くと「昔の人が言うのだから、きっと何かあるのかも?」と思ってしまいがちです。

雛人形を飾る意味から考えれば、明らかに迷信です。迷信に惑わされないように、ご注意下さい。

片付けをきちんとできないようでは、お嫁にはいけないという「しつけ」の意味で語呂合わせの迷信が生まれたのです。

私の地域もそうですが、旧暦4月3日まで飾る地域もあります。

その場合は、4月3日が過ぎたら、片付け始めれば良いと言われています。

具体的な期間はありませんが、3月3日(もしくは4月3日)が過ぎたら、遅くとも2週間程度を目安に片付けるようにしましょう。

大切なことは、『もう少し、飾って雛人形を楽しみたい。』

と言う気持ちで余韻を楽しむのであれば、とても良い事です。

逆に『片付ける時間が作れないから、とりあえず飾っておこう。』

と言う気持ちであれば、良い事ではないと、しっかり認識することが必要です。

 

スポンサーリンク

 

雛人形を飾る期間は?

自由です。雛人形をなぜ飾るのか意味を理解することが大切です。

雛人形は何歳まで飾る?処分する時期や供養の仕方・場所・料金はコレ!

 

 

雛人形を片付ける時期は?

先程、雛人形を飾るのは、遅くとも2週間程度を目安にしたいものだと、お伝えしました。

では、具体的にいつが良いのでしょうか。

雛人形は、湿気に弱いです。

「晴れ」の日が続いている時期に片付けると、湿気が少ないので「天気」を目安にすると一番良いかもしれません。

湿気が少ない方が、結果的にカビやシミを防ぐことに繋がります。

木材を使用して製作されている雛人形も多く、衣装や小物類などには、絹やレーヨンなどの素材が使用されています。

お値段が高級になればなるほど、素材の使用料も多いので、湿気には十分に気を付けなければいけません。

雨天が続いた日は、雛人形も湿気を吸っていますので、その状態のまま保管することになりかねません。

また、片付けの際に、付着した埃やゴミなどが繁殖しやすくなり、翌年にカビやシミとして残ってしまう確立も高くなります。

良く晴れた日の最も気温の高い時間帯を選んで、綿手袋を着用し、汚れや指紋を落としながら、丁寧に片付けることができればベストですね。

片付けるまでが「ひな祭り」ということで(笑。

<関連記事> 雛人形は何歳まで飾る?処分する時期や供養の仕方・場所・料金はコレ!

 

スポンサーリンク

 

 - お役立ち, イベント・おでかけ