お賽銭はいくら入れる?意味や縁起の良い金額と入れ方を分かりやすく

      2017/05/28

あなたが知りたい『お賽銭の謎』を分かりやすく簡単にまとめてみました。

お賽銭の見方が変わるかもしれません(笑)。

≪関連記事≫ 初詣の参拝、お参りするなら知っておきたいご利益マナー作法はコレ!

≪関連記事≫ おみくじで「凶」が出た時のおすすめ対処法!引き直す必要なしの理由

 

お賽銭の由来から意味を考える

お賽銭の由来は、たくさんの諸説がありますが、一般的には「穀物などのお供え」の代わりとして「金銭のお供え」に形を変えたことが起源と言われています。

「昨年は、これだけ収穫できました。どうぞ召し上がってください。」という感謝の意からです。

つまり、お賽銭本来の意味は

「神様に願い事を聞いてもらうため」ではなく「昨年、神様にいただいた幸福に感謝すること」であり、あわせて今年の抱負や願いを神様に報告し、自分で努力するため目標を掲げる場であると考えられるでしょう。

≪関連記事≫ 新年の抱負の失敗率は92%、抱負と目標と目的の違いとは?

 

硬貨は、何を使うと良い?

お賽銭の由来から考えれば、硬貨は何を使っても良いと思いますが、「語呂合わせ」を使い、縁起を担ぐことが主流となっています。

「先を見通せる」という意味合いから、穴の開いている5円硬貨や50円硬貨をお賽銭に使うと「縁起が良い」と言われています。

また、10円硬貨は「遠縁に通ず」という意もあり、縁から遠ざかるということから、避けておくと良いでしょう。

500円硬貨は、これ以上の硬貨(効果)がないことから、避けておくと良いかと思います。

 

 

お賽銭の入れ方

遠方から投げ入れる方をたまに見かけますが、「お供えする」という感謝の意からも丁寧な動作で入れるようにしましょう。

右手で持って、奉納する感覚で「左から右」へ優しく流すように投げ入れてみると良いそうです。

(『神社の謎』の著者の合田道人氏より抜粋)

またお札をお賽銭として入れる場合は、「新札を白い封筒に入れる」と丁寧で良いそうです。

高額の場合は、お賽銭袋に「住所や名前を記載」しても良いそうです。

お札の高額の価値観は、人によって異なるので、個人判断で良いそうですよ。

(私なら、3千円かなぁ~。)

 

スポンサーリンク

 

 

お賽銭は、いくら入れれば良い?

お賽銭の由来から考えれば、金額が高ければ、願いが叶うということではないと分かります。

その時、お財布にある小銭で”語呂合わせ”を使い「縁起担ぐ」のが一番楽しいかもしれません。

夫婦、家族で参拝する場合は、「合わせて25円」などは避け、一人ひとりが縁起のいい額を用意しましょう。

悪い意味を持つ語呂合わせもありますので、ご注意を。

5円…ご縁がありますように。

11円(5円2枚・1円1枚)…いいご縁がありますように。

10円(5円2枚)…5円を重ねて、重ね重ねご縁がありますように。

15円(5円3枚)…「10と5円」で、十分ご縁がありますように。

20円(5円4枚)…「4と5円」で、よいご縁がありますように。

21円 (5円4枚・1円1枚)…割り切れない数字から、恋愛継続・夫婦円満でありますように。

25円(5円5枚)…二重にご縁がありますよう。

29円(5円5枚・1円4枚) …福(2「ふ」9「く」)が来ますように。

30円(5円6枚)…「六角形」は調和・安定のの意から、安定と調和のとれたご縁がありますように。

31円(5円6枚・1円1枚)…割り切れない数字から、恋愛継続・夫婦円満でありますように。(21円と同様の意)

35円(5円7枚)…再三ご縁がありますように。散々な結果になる。

40円(5円8枚)…八の字が末広がりであることから、末広ろがりにご縁がありますように。

41円(5円8枚・1円1枚)終始、良いご縁がありますように。

44円(5円9枚・1円4枚)… 4「し」合わせ=幸せになりますように。

45円(5円9枚)… 終始、ご縁がありますように。

50円(5円10枚)…五重のご縁がありますように。

55円(5円11枚)…5「いつつ」から、いつでもご縁がありますように。55「午後」に投げると良いとされる。

65円(5円13枚)…ろくなご縁がない。

69円(5円13枚・1円4枚)…ろくな事がない。

75円(5円15枚)…なんのご縁もない。

85円(5円17枚)…やっぱりご縁がない。

95円(5円19枚)…これでもご縁がない。

105円(5円21枚)…十分にご縁がありますように。当分ご縁がない。

115円(5円23枚)…いいにご縁がありますように。

125円(5円25枚)…十二分にご縁がありますように。

485円(5円97枚)…4「四方」8「八方」から5「ご縁」がありますように。

500円 …500円硬貨が最上位硬貨のことから、これ以上の効果がない。

1万円 …「万円」から円満(不満や争いがない、穏やかで満ちてまるいこと)に通ず。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。日本人らしい「語呂合わせ」という言葉遊びを楽しむべきだと思いませんか。

重複しますが、私個人の意見は…やはり、

その時、お財布にある小銭で”語呂合わせ”を使い「縁起担ぐ」のが一番楽しい!

と思っているわけです。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

≪関連記事≫ 初詣の参拝、お参りするなら知っておきたいご利益マナー作法はコレ!

≪関連記事≫ おみくじで「凶」が出た時のおすすめ対処法!引き直す必要なしの理由

≪関連記事≫ 新年の抱負の失敗率は92%、抱負と目標と目的の違いとは?

 

スポンサーリンク

 

 - お役立ち, イベント・おでかけ, 浴衣