プレミアムフライデーの意味や由来とは?実施日やお得情報はコレ!

      2017/02/24

こちらのマークは知ってますか?

ニコちゃんマークではございません。

「P」と「M」を目に見立てた「プレミアムフライデー」のロゴでございます。

 

 

プレミアムフライデーの意味は?

政府と経済界が、消費拡大への取り組みとして、「月末金曜の午後は、早期に退庁、退社することを促し、買い物や旅行などに時間を充てること」を促進する日を意味します。

経団連などが立案し、政府と経済界がタッグを組むという異例の取り組みで2017年2月24日より本格的に実施される予定になりました。

2ヵ月毎に1回程度の実施を予定しており、午後の時間は、特に定められておらず「正午」でも「午後3時」でも企業に任せる方針になっているようです。

まずは、官庁から大企業へ…その後、中小民間企業まで拡大することを願いたいですね。

⇒「プレミアムフライデー」公式サイトはこちらから。

 

 

プレミアムフライデーの由来は?

読んで字のごとく「プレミアムな金曜日」

一般的に「プレミアム」という言葉は、商品やサービス・活動に広く使用されていて、馴染みやすい用語。

ゴージャスではないが「本当の意味の豊かさ」を表現できるようにシンプルに組み合わせて表現したそうです。

もともとの原案は、米国「ブラックフライデー(黒字の金曜日)」を真似たとされています。

米国では、消費拡大を狙い感謝祭(11月第4木曜日)の翌日から、小売店が一斉に値下げを始めます。

クリスマス商戦に向けたショッピングシーズンがスタートする一大イベントのことです。

職人気質の日本人は、安全思考やサービス思考が強い事から「豊かさ」を求める思考からの消費拡大を狙うわけです。

 

スポンサーリンク

 

 

プレミアムフライデーの実施日は?

2ヵ月毎に1回の方針に変更がなければ、2017年は以下の予定になりますね。

2017年

  • 2月24日(金)
  • 4月28日(金)
  • 6月30日(金)
  • 8月25日(金)
  • 10月27日(金)
  • 12月29日(金)

 

 

プレミアムフライデーのデメリット

月末金曜が締日だったら?

SNSなどで、プレミアムフライデーのデメリットとして投稿が多い内容は「月末の金曜」という点。

私も民間企業の会社員なので、月末が金曜日ともなれば「月末締め」で仕事は、てんこ盛り状態です。

月によっては、一週ずらして前の週末を「プレミアムフライデー」と定め、実施するなどの改善が必要になるかもしれませんね。

その場合、給料日前に実施となることもあるかもしれませんけどね(泣。

2017年の実施予定日から推測すると、4月28日、6月30日が該当します。

ついでに言えば、12月29日ともなれば企業は「年末年始の休業」に入っていますので、ただの『年末売り尽くしセール』と大差ありません。

正直、2017年に私の就業先でプレミアムフライデーが実施されることがあるとは思えませんが…夢見ようと思ってます。

 

スポンサーリンク

 

 

プレミアムフライデーのお得な情報

販売側としてみれば、この機会に大幅に売り上げアップを目指したいものですね。

ともなれば、消費者としてはお得な情報やサービスが満載になること間違いなしでしょう。

あわせて、旅行会社や娯楽施設、エステやジムなどの美容健康業界なども「豊かさ」を武器に充実したラインナップを用意してくるはずです。

現在のところ「業種を問わず実施し、付随サービスについては企業やコミュニティ、地域それぞれが検討すべき」とされています。

お得情報は、随時更新を予定しております。しばらくお待ちくださいね。

 

スポンサーリンク

 

 - お役立ち, イベント・おでかけ