使用済み中古ランドセルの寄付、無料で回収受付している場所はココ!

      2017/10/05

9c51b3ce4c1229a4c807031610eb9b37_s

6年間使ったランドセル、大切な思い出と一緒に保管していますか?それとも、捨てていますか?

日本のランドセルは丈夫なことで有名です。そのランドセルを再利用するボランティア活動があることを、知っている方も多いはず。

どうせ捨てる物なら、誰かの役に立ってもらいましょう!でも、どこに送ればいいのでしょうか。

 

 

使用済みのランドセルの価値

adc7d58e6749a69124e5fbb176617ec3_s

日本の子供たちが当たり前に使用しているランドセルは、日本を離れた地で、とても貴重な価値があることはもちろん、子供たちに大人気です。

日本のランドセルは、とても耐久性に優れています。まだまだ使えるランドセルは、勉強をしたくても様々な事情により、学校に通い続けることができない子どもたちや、その親御さんたちに「教育を受ける権利がある」と”きっかけ ”を与えることもあるそうです。

また、通学の目的だけでなく、子供達のマイバッグとしても大切に使ってくれるそうです。子供達が成長しランドセルを使わなくなっても、弟妹や地域の他の子供達に譲られ、ランドセルが劣化して使えなくなるまで長期間使ってくれていると聞きます。

学校に行くことができる子供たちがひとりでも増えてくれたら嬉しいですね。

 

 

ランドセルを寄付するには?

送付する回収団体によって、多少異なりますが、大まかな内容は以下の通りです。

  • 経年劣化での「汚れ」や「はがれ」は、気にしなくてOK!
  • 不要な鉛筆・消しゴム・ノートは、ランドセルの中にを入れて送付すると喜ばれます。
  • 受付期間が決まっている場合もあるので、期間内で手続きする必要があります。
  • 「寄付者から回収団体」「回収団体から海外」の2つの輸送経路で送料や輸送代が発生します。

 

スポンサーリンク

 

 

寄付できないランドセルは?

d84489d915ccb663f95600f7e2a4724f_s

あらかじめその団体の指定する条件に該当するランドセルを所有しているのか確認して送るようにしましょう。いくら不要であっても、著しく状態が悪いランドセルは寄付できません。使えるランドセルを回収しています。

寄付する前に、これから使う子供たちが「笑顔で使えるランドセル」なのか、もう一度確認して下さいね!

 

①肩ベルトがヒビが入っていないか

切れてしまいそうなヒビが入っていると、耐久性がありません。

 

②皮が劣化して、表面がはがれていないか

皮の劣化により、雨風に強いランドセルの特性が損なわれます。少し触っただけではがれ落ちる皮の場合は、機能を果たしていません。

 

③バックルがきちんと閉まるか

きちんと閉まることが前提で寄付しています。

 

寄付できないランドセルの使い道

寄付できない状態のランドセルは、捨てるしかないのでしょうか。

いえいえ、「ミニチュアランドセル」にして思い出を残しておく方法もあります。

ランドセルをすべて再利用し、1本1本を手作業で、熟練の職人が忠実にリメイクしてくれます。

すべてのパーツを利用して、リメイクしてくれるので、汚れやキズや色あせた革が、逆に味になって戻ってきます。

 

 

 

寄付する前に注意したい点

寄付する側が送料や海外までの輸送費の一部を自己負担し、回収団体がまとめて届けているいう流れになっています。

料金について気になる方は、きちんと確認をしてから検討するようにしましょう。

 

 

お金がかからない寄付の仕方

d7056052417c648b1a80307301d0ca53_s

「寄付はしたいけど、送料や海外までの輸送費を支払うのはちょっと・・・」と思う方は、条件に合えば無料で寄付できることがあります。

 

ブランディア

ブランディアでは、年に1度、ランドセルの寄付をしています。回収期間内に集まったランドセルをまとめて、ジョイセフへ寄付していますので、ランドセルの注意事項はジョイセフの内容と同様になります。

ランドセルのみの回収はできませんが、ブランド品1点以上買取がある場合に申込み可能で、同梱にて送付することができます。尚、期間が限定されているため確認してから同梱するよう注意が必要です。

→詳しくはこちらから。

ブランディアでは、ランドセルの寄付の他にも、お洋服などの寄付やチャリティー活動も行っています。

[PR]

 

集荷場所への持ち込み

回収団体によっては、集荷場所(倉庫など)へ直接持ち込める場合があります。集荷場所が最寄りの場合は、直接問い合わせて持込み可能かを確認することが大切です。

連絡なしでの持込はできませんが、持ち込み受付をしてくれる場合は、寄付側の送料の負担は軽減されます。

ただし、海外までの輸送費が必要な団体については、輸送費は必要になります。

 

自分のお小遣いにもできる?!

最後に、自分の収入にしたい場合は、買い取り業者に依頼したり、ヤフオクなどのオークションを活用することもできます。
ただし、新品に近い状態でないと、確実な収入になるのは難しいですので、手間との兼ね合いになるかと思います。

 

 

回収するボランティア団体

e0fa9c0ca532a042272ccdf030aaadff_s

主な回収ボランティア団体の特徴をまとめました。気になる団体は寄付する前に確認してみましょう。

 

ジョイセフ「思い出のランドセルギフト」

アフガニスタンに寄付しています。春と秋の年2回実施しています。宗教上の理由で、豚革製のランドセルは対象外です。

日本からアフガニスタンへの輸送費(1800円×個数)の支払いが必要です。

また、団体へ送付する送料も、寄付者側の負担となります。

倉庫への直接持ち込みも可能ですが、その場合も輸送費(1800円×個数)の支払いは必要です。

ランドセルを送る

 

クラレ「ランドセルは海を越えて」

アフガニスタンに寄付しています。ジョイセフと連携していますので、ランドセルの状態については、はジョイセフにあわせると良いでしょう。豚革製のランドセルは対象外)

年1回実施しています。年明けから受付を開始し、3月からの回収期間内に送付します。応募数に達した時点で受付終了となります。

クラレから指定される送付先までの送料は、寄付者側の負担となりますが、アフガニスタンまでの輸送費はクラレが全額負担してくれます。

→詳しくはこちらから。

 

ワールドギフト

複数の支援団体と提携し、日本を含め、必要な国へランドセルを寄付しています。

ランドセルの色、メーカー、種類などの有無を問わず、ランドセル以外の学校指定の通学かばん等も回収しています。いつでも回収を実施しており、指定の受付期間や回収期間がありません。

寄付側が発送するのではなく、業者が集荷する回収方法です。梱包サイズによって集荷料金が異なり、集荷料金に発送費や修繕費、海外への輸送費などの費用が含まれているので、料金が分かりやすいです。(集荷料金120サイズ/2400円~)

→詳しくはこちらから。

 

日本シリア連帯協会

シリアに寄付しています。

年に1回フェイスブックで受付を開始します。シリアへの輸送代の寄付も呼びかけています。受付期間は設けていますが、コンテナがいっぱいになるまで延長されることもあるようです。

→詳しくは、こちらから。

 

スポンサーリンク

 

 - お役立ち