2018年賀状は52円・62円?年賀はがきの値段や交換・出し方の注意点

   

『年賀状』という日本の風習が好きな私ですが、2018年の年賀状は、理解しておくべき注意点がいくつかあるようです。

なぜか?

それは、郵便料金の改訂により、通常のはがきの料金は52円から62円と値上げになっているからです。

現在、はがきは62円で購入ができます。通常であれば、年賀状も62円で購入するものなのですが、2018年の年賀状は52円で出すことができるそうです。

10円も安いッ!やったーーー!

と喜びもあるのですが、色々と注意点がありました。

≪関連記事≫ 郵便局「年賀状」2018年スヌーピー新登場!52円はがきの販売時期や種類は?

 

スポンサーリンク

 

52円「年賀はがき」差出期間

年賀はがきを52円で差し出せる期間は限定されています。

2017年12月15日(金)から2018年1月7日(日)まで

この期間以外は、一般郵便物とみなされますので、10円分の切手を貼り足し、62円で差し出さなければなりません。

この期間以外とは、具体的に言うと

  • 2018年1月8日(月)以降
  • 2017年11月1日(火)から2017年12月14日(木)まで

の期間です。

ざっと、こんなかんじになります。

尚、1月8日(月)の最初の取り集めまでに郵便ポストに投函されたものについては、年賀はがきの料金(52円)が適用されます。

 

 

52円「年賀切手」差出期間

「年賀52円郵便切手」「寄附金付お年玉付年賀52円郵便切手」も、年賀状と同様の考え方で利用できます。

 

スポンサーリンク

 

 

通常はがきを年賀状として差し出す場合

手元にある葉書を「年賀状」として代用する場合は、どのような方法があるのでしょうか。

こちらでは、代表的な3つの方法をご紹介します。

 

52円の通常はがきをお持ちの場合

必ず、葉書表面の見やすい位置にはっきりと「年賀」の文字を朱記しましょう。

2017年以前に発行された年賀状はがきについては、記事の終わりの方で説明していますので、お読みください。

 

62円の通常はがきをお持ちの場合

そのまま、葉書表面の見やすい位置にはっきりと「年賀」の文字を朱記しましょう。

もしくは、最寄りの窓口で、2018年賀状(52円)と5円分切手と交換しても良いでしょう。

(差額の5円は、交換手数料です。)

 

自分で切手を貼るタイプの私製はがきをお持ちの場合

年賀52円郵便切手を貼り、葉書表面の見やすい位置にはっきりと「年賀」の文字を朱記しましょう。

どの方法でも「年賀」の文字を朱記し忘れると、通常の一般郵便物となり「年賀状」として扱われません。

くれぐれも書き忘れに注意して、投函しましょう。

 

スポンサーリンク

 

やってほしくない年賀状の出し方

こちらでは、私が実際にもらって嫌だった年賀状をご紹介します。

昔の事ですが、前年度の年賀状を代用して、新年のご挨拶をする方がおられました。

年賀状は「新年のご挨拶」のひとつの方法であり、日本の古き良き文化に触れられる風習です。

郵便局では、差出期間内に取り扱った「2017年用年賀はがき」「それ以前に発行された年賀はがき」についても、「52円年賀状」として配達してくださるそうですが、年賀状をもらった側が、新年から不愉快な気持ちになります。

そんな年賀状を贈るくらいなら、送らない方が全然マシです。

“嫌がらせ”にしか感じられませんので、代用しないことをオススメ致します。

郵便局「年賀状」2018年スヌーピー新登場!52円はがきの販売時期や種類は?

 

 - お役立ち, イベント・おでかけ