仕事の効率

早起きは三文の徳にダマされるな!早起きできない人が挫折しないコツ

朝日をあびる草花

おはようございます。ぬぅです。

おいらは、早起きができません。

「早起きは三文の徳」の意味

朝早く起きれば、健康にも良いし、それだけ仕事や勉強がはかどるので得をするということ。「三文」とは、一文銭三枚のことで「ごくわずかな」という意味。
わずか三文だとしても、得るものがあるということで、朝寝を戒める意味を込めて使う。元々は「早起きしても三文ほどの得しかない」という意味で使われていたともいわれる。「徳」は損得の「得」と同じ意味で、「早起きは三文の得」とも書く。

引用:故事ことわざ辞典

 

三文の価値を現代で換算するといくら?

三文(さんもん)とは、江戸時代以前に使用されていた通貨で、一文銭3枚分。

三文で購入できるのは「価値の低いモノ」や「安価なモノ」。

大量生産され安価で手に入る「三文判(さんもんばん)」も同じ意味合いの総称で、100均などで手に入る安価なハンコだから「三文判」と言うらしい。

だから、現代社会においての「三文」の価値は100円程度かもしれない。

単純に、早起きすると年間36,500円分相当に換算することができるってこと。

そう言われたら早起きをしよう!と思うけど、早起きができたとしても早起きの効果が感じられない人もいる。

それが、おいら。

早起きの効果が感じられない人へ

目覚まし時計

早起きに効果なんか、ちっとも感じられないじゃないかッ!

おいらが早起きできなかったのは、早起きの効果に即効性を求めていたから。

早寝・早起きにメリットがあることは、誰でも知ってる。

だから、

早起きという名の代償を払って、小さな報酬をもらうつもりで、おいらはお利口さんに待っていたんだ。

だから、おいらはダメなんだ。

 

早起きできない人が挫折しないコツ

おいらは、早起きに「三文の徳(得)」を求めることをやめてみた。

健康であったり、美容で合ったり、学問であったり、はたまた出会いであったり。

ちまたの早起きで得られるとされる多くのメリットを考えることをやめたんだ。

そしたら、目覚まし時計の音が聞こえるようになってきた。

朝起きて、コーヒーを飲みながら、いつもと同じことを変わらずにやってみる。

30分早く起きただけでも、時間に余裕があるから、景色が鮮明に見えるんだ。

ずっと、後回しにしていた化粧ブラシを洗う時間が生まれていた。

子供が起きる前に、食卓に朝ごはんが並ぶようになった。

あなたは、本当に早起きをしたいのだろうか。

「三文の徳」ということわざに踊らされているだけではないだろうか。

「朝活」という健康ブームに踊らされているだけではないだろうか。

おいらは、時間の余裕がほしかっただけで、早起きがしたかったわけじゃなかったんだ。

早起きをしたい理由がないなら、ただ早く起きた日に、いつもと同じことをしてみると分かる。

「三文の徳(得)」など存在しない。

成功者は、時間の余裕を楽しんでいるだけなんだ。