お役立ち

郵便局「かもめーる」2018年全裏面くじら絵入り新登場!販売時期や種類は?

2018年(平成30年)の日本郵便(以下、郵便局)から販売される「かもめーる」について、まとめました。

昨年の絵入りはがきの通信面(裏面)は、少し地味だったイメージですが、2018年は通信面の全面いっぱいを利用した絵入りデザインはがきを発売します。

通信面(裏面)の一部に挿絵のようにデザインされた絵入りはがきも、前年同様に発売されるので、お届けする方に合わせて選べそうです。

人手不足で人件費が増える一方で、はがきの需要は年々減っているので、2017年6月1日より料金改定が行われました。

現在は、ハガキ1枚62円(10円値上げ)での販売となっています。

値上げして1年になります。久しぶりに「かもめーる」を利用する方は、予算にご注意ください。

かもめーる販売期間

2018年6月1日(金)~2018年8月24日(金)

インターネット通販での予約・販売の受付期間は、

2018年6月1日(金)9:00~2018年8月16日(木)18:00

となっています。

 ※発行枚数は、2 億 2,797.2 万枚 を予定(昨年2億 1,270.4 万枚、対前年比は 107.2%と増)

 

かもめーる販売場所(購入場所)

 

かもめーる種類

絵入り「くじらの親子」62円

デザイナー陶 宗明(とう そうみん)

くじらの親子が太陽の日差しをいっぱいに浴びて遊泳する様子が描かれています。涼しげでありながら、やさしさや愛情が感じられ、離れた父母や祖父母へ届けたくなります。

絵入り「朝顔」62円

デザイナー髙橋 瑠奈(たかはし るな)

淡い色合いで、大輪の朝顔を涼しげに描いています。主張しすぎない絵入れバランスで、どなたにも届けやすいデザインです。

インクジェット紙「すいか」62円

夏の風物詩である「すいか」をポップに描き、元気あふれる夏を表現しています。

単面無地、四面連刷及びくぼみ入り「金魚」62円

色鮮やかな金魚と、水面に波紋がふわっと広がる様にをデザインされています。

注文販売オリジナルかもめ~る「満開の朝顔」62円

元気に鮮やかな花を咲かせる朝顔のたくましさを表現しています。

(引用:http://www.post.japanpost.jp/)

スポンサーリンク


 

かもめーる当選商品と抽選日・引換期間

418427
現金賞(10万本に3本) 現金1万円
選べる賞(10万本に5本) QUOカード2000円分または、ふるさと小包2000円相当
切手賞(1万本に5本) 62円郵便局切手×10枚

抽選日 2018年9月3日(月)

引換期間 2018年9月4日(火)から2019年3月4日(月)まで

※窓口営業時間が引換時間となります。

引換の際は、本人確認ができる証明書(免許証等)とともに、近くの郵便局へ当せんはがきを持参しましょう。

当せんを確認したうえで、現金賞及び選べる賞は、かもめ~る賞品事務局から後日届きます。

 

切手賞は、2018年4月1日(日)から同年8月31日(金)までに発行する10枚綴りの62円特殊切手のうち、郵便局に在庫のある中から、お好きな1種類を選べます。在庫状況は郵便局によって異なるため、普通切手をお渡しする場合もあるそうです。

 

 

「かもめーる」返品や交換はできるの?

418427

書き損じた場合の対処法

郵便局の窓口で、所定の手数料(5円)を支払えば、同年発行の「かもめーる」、普通切手、通常はがき、郵便書簡、レターパック封筒と交換することができます。

ふらっとちゃん。
ふらっとちゃん。
抽選結果を確認してから交換する場合は、多く買いすぎた場合と同じ対処法になります。

 

種類を誤って購入した場合の対処法

郵便局の窓口で、他の種類の「かもめーる」と無料で交換できます。

ふらっとちゃん。
ふらっとちゃん。
使用してしまった場合は、書き損じと同じ対処法となります。

 

多く買い過ぎて余った場合の対処法

郵便局の窓口で、所定の手数料(5円)を支払えば、普通切手、通常はがき、郵便書簡、レターパック封筒と交換することができます。

ふらっとちゃん。
ふらっとちゃん。
前年度より前のかもめーるが余っていても、今年度のかもめーるに交換は、してくれませんのでご注意下さい。
あわせて読みたい
使用済み古切手の価値や処分方法は?寄付や回収ができる場所はココ! 封筒に貼られている使用済みの古切手をボランティアの一環として再利用できるのは、知っている方も多いはず。 どうせ捨てる物なら...

 

スポンサーリンク