お役立ち

簡単!女の子浴衣の兵児帯2本でお花アレンジできる可愛い結び方を画像で解説

子供たちが浴衣を着る際は、やわらかく作られた帯を使用することが多いですが、この帯を「蝶々結び」や「リボン結び」で簡単に結びます。

子供が蝶々結びをして使用する帯のことを兵児帯(へこおび)といいます。

我が家では、愛娘が2歳の頃から長年、兵児帯を可愛いく、お花のように結び続けていました。

当時は夕涼み会や花火大会、お祭りなどで知らない方からも、写真を撮らせてほしいと声をかけられることが、とても多かったことを覚えています。

一見難しそうで、手がこんでいるように見えるのですが、実は簡単なお花アレンジの結び方です。

我が家のオススメの結び方を、今は大きくなった娘の手を借りてご紹介したいと思います。

是非、チャレンジしてみて下さい。

2本の兵児帯で作るお花アレンジの結び方

ふらっとちゃん。
ふらっとちゃん。
思っているより簡単に結べるよ!

用意するもの 兵児帯2本 

画像で使用している帯は、オーガンジーという素材の兵児帯です。

帯の種類によって、出来上がりのふんわり感が異なります。

画像は2本の帯を使用していますが、3本の帯でも作ることができますので、お好みでアレンジしてみて下さい。

 

結び方の手順とコツ

①2本の帯を合わせる

兵児帯を少しズラすことで、下の帯が見えるので仕上がりが可愛くなります。

帯①

 

②帯を結びはじめる

下の画像のように、各色別に兵児帯を結び始めます。

ふらっとちゃん。
ふらっとちゃん。
どちらの色が上でも大丈夫です。
帯②

 

③2本まとめて蝶々結び(リボン結び)をする

兵児帯の端は、「上向き」と「下向き」になるように分けます。

帯③

 

④下兵児帯を丸める

画像のように下の兵児帯をくるんっと丸めて、中央の結び目の下に入れます。

ふらっとちゃん。
ふらっとちゃん。
下兵児帯の端っこは、上向きに持ち上がった形になります。

帯④

 

⑤上兵児帯の端を丸める。

上兵児帯も下兵児帯同様に、くるんっと丸めて、結び目の下に入れます。

ふらっとちゃん。
ふらっとちゃん。
下兵児帯の端っこは、下向きになるね。
帯⑤

 

⑥かたちの確認

画像のような形になっているか確認して下さい。

ふらっとちゃん。
ふらっとちゃん。
中央の結び目がゆるすぎたら、やり直してね。
帯⑥

 

⑦兵児帯を広げて結び目を隠す

兵児帯を結び目を隠すように広げていきます。

ふらっとちゃん。
ふらっとちゃん。
お花のように、ふんわり整えてあげれば完成です。
帯⑦

 

⑧くるっと回って配色の確認

どの角度からも、ふんわり可愛らしく2色が見えるか確認しましょう。

帯⑧

※画像の無断転用は固く禁じさせて頂きます。リンクはご自由にどうぞ。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

見た目よりも、簡単にできたかと思います。

ちなみに、画像の帯を持っている手は、我が子です。

一生懸命、手伝ってくれました。ありがとう!

あわせて読みたい
女の子浴衣の種類と、かわいい子供浴衣の失敗しない柄やサイズの選び方 夏祭り、花火大会、保育園の夕涼み会、お楽しみ会など、子供たちが浴衣を着るシーズンが到来してきました。 子供浴衣が大好きな私...

スポンサーリンク