仕事の効率

自主的にサービス残業や持ち帰り残業をする人が陥る責任感の間違い

過去に私は、会社の社風が「サービス残業」「持ち帰り残業」をして下さい。という雰囲気だったからみんなに合わせていたことがありました。

直属の上司が「俺の時代は、帰れと言われても帰らずに怒られながら仕事を覚えたもんだ。」とブツブツ文句を言ってくるのが嫌だから、仕方なくやっていたこともありました。

仕事を覚えたばかりの新しい業務は、他の人よりも時間がかかるため、迷惑がかけてはいけないと間違った責任感で成し遂げていた時期もありました。

新しいプロジェクトでは、不都合が出た際の対処に時間が取られるため、予定が遅れないようにと必死に持ち帰って納期に間に合わせました。

上司に「何とかやってもらえないかな。」とお願いされると断り切れず、自分の時間を削って、ひたすら黙々と作業を続けたサービス残業もありました。

結局、どんな理由にせよ「サービス残業」や「持ち帰り残業」をやった私が徳をしたことは、ひとつもありません。

サービス残業や持ち帰り残業は、自分も、自分以外の社員も、会社も、良い方向に進むことは決してないと思っています。

それなのに、またサービス残業をしようとしていた自分にハッとしました。

だから、オイラはダメなんだ。

と、ここに綴ります。

サービス残業をしてしまうのは責任感が強い人

例えば、あなたが仕事を覚えているなら、個々の差があるにしても、それ相応の時間を必要とします。

転職者で経験がある職種に再就職したとしても、すぐに前任者のように仕事をこなせるわけがありません。

必ず、分からないことや確認すること、覚えなければならないこと等があるはずです。

新入社員や経験がない職種への転職であれば、尚更です。

こんなハナシは、誰でも知っていることです。

それでも、人は「早く仕事を覚えたい」「早く仕事を終わらせたい」という要求を満たそうとしてしまいますし、先輩や上司も「この業務を引き継ぎたい」と次から次へと納期などの正論という正義を叩きつけます。

そして「達成感」と「正義感」がぶつかって「責任感」とは違う居場所に進んでしまうのです。

責任感が強い傾向がある人の場合、他人に迷惑をかけることを極力嫌いますし、「正論」が正しいと思ってしまいがちです。

ぬぅ
ぬぅ
あなたは、「責任感」と「達成感」や「正義感」をはき違えていませんか。

サービス残業をすることになった理由として、

  • すでに担当している仕事が多すぎた。
  • 新入社員に教育をしていて時間が作れなかった。
  • スキルや知識が低くて時間を必要としていた。
  • 私語をしていて、業務がすすまなかった。

など様々な理由があったとしても、サービス残業や持ち帰り残業をしてしまうことで、その理由が見えなくなってしまいます。

例えば、

Aさんが2時間かかる業務をBさんは30分で終わらせる場合、どちらがやっても結果は同じですので、急がない案件であればAさんが担当できるはずです。

ですが、Aさんがその業務を持ち帰り残業で遂行し続けた場合、急な案件であれば納期に間に合わなくなるのです。

または、Aさんはサービス残業をしてくれるからと能力以上に業務が増やされることも。

そのことを知って、ツラい想いをかかえているのは、Aさん本人だけです。

AさんはBさんを目標として、経験とスキルを磨く必要はありますが、自分は30分でできないことを知ってもらうのがBさんの「責任」です。

そして、その能力の差を知るのが、上司や会社の「責任」です。

また、そのAさんのサポートをする必要があるのが同僚や上司の「責任」です。

さらに付け加えるなら、そんな同僚や上司の仕事で自分ができることを補佐するのが部下の「責任」ということになります。

サービス残業で見えなくなった業務は、結果的に様々な「責任」を隠すことになるだけです。

 

自主的なサービス残業をしないために

この記事を読んでいる方は、「サービス残業」や「持ち帰り残業」に嫌気をさしている方だと思います。

残業代をきちんと支払う会社を選べるのは自分だけです。

まずは、今までサービス残業や持ち帰り残業をしていたことをきちんと上司に報告してみましょう。

今やっている仕事をやり遂げなければならないと間違った責任感を持ってサービス残業をしていたことを伝えてみましょう。

就業時間内に真剣にやってもできなかった理由を報告をすることが、正しい「責任感」です。

もし、あなたが責任感が強い人ならば、その責任感を正しい方向に一度は使ってみるべきです。

私は、仕事ができないと思われることが嫌でしたし、感謝の言葉をもらうことが嬉しくて、サービス残業や持ち帰り残業をやり続けていました。

ぬぅ
ぬぅ
仕事ができる人から見れば、はた迷惑なイイ人ぶった奴でしかありません。

あなたが私のように責任感を間違えて、自分で自分を苦しめないことを祈ります。

勤め先の社風や上司の考えが決してあなたと同じわけではありませんし、簡単に変えられない場合もあるでしょう。

残業代をきちんと支払う会社を選べるのは自分だけです。

ひとつの転職理由として、書き留めておくと良いかもしれないですね。

40代シングルマザーの転職時期と退職届を出す前に考えること40代オンナの転職活動は戦場です。 私が転職活動をして、率直に思ったことでした。 私は、シングルマザーなので転職しようか考え...